FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
アクリル棚がやってきた
土曜日はまさにこどもの日だったので土曜日学校にも鯉のぼり弁当を作りました。しかしながら土曜日学校ではこどもの日のこの字も出なかったような雰囲気…。文句言える立場じゃないですがもう少し日本の季節物に言及くらいしてくださるとありがたいのにな〜と思わざるを得ません(ーー;)ちなみになぜそんなのがわかるかっていうとその日はたまたま授業参観日だったから(笑)担任の先生もどうやら担任を持つこと自体が初めてらしく、去年の先生に比べると色々と…なのですが、まあジアt区でもっと頑張らなきゃなと気持ちが引き締まる思い(^^;)←なるべく前向きに受け止めたいところ

ママ友達と地元で年に一番の規模で開催されるクラフトフェアとやらに行ってまいりました。要は出店の並ぶイベントみたいなもんです。今までお付き合いで行ったことのあるクラフトイベントはどれもこれも正直田舎臭くてフーンって感じだったのですが、これはなかなか良かったです。ちょっとした美術展を見に行ってるような感じでとても楽しかった(^。^)ガラス細工やアクセサリーなど装飾品から工芸品からどれもセンスの良いものが多くて眼福。たま〜にあれ、この人どうしちゃったの?(^^;)って思っちゃうようなアバンギャルドな作品も並んでいたりして(^^;)

そもそもなんでそのイベントに行ったかというと手縫いの革バッグを作ってるお友達がお店を出すので応援に行ったのです。結局ママ友達はなんにも買わなくて手ぶらで帰ったんですけどね(^^;)

そんで革バッグの他に衝動買いしてしまったのがこの押し花ステンドグラス。地元の人の割には(超失礼)どれもすごくセンスが良くて、しかも作ってるのはなんかこうしょぼくれた爺さんなの!この爺さんがこの繊細なアートを??!ってだけでそのギャップにママ友達とおお〜〜〜ってすごく感動してしまったんですが(笑)しかも押し花に使ってる草花や木の葉は全てその爺さんが自宅のガーデンで育てたり自分の農場に生えてる木のものを使ってるっていうんですよ!(農場の写真も見せてくれた)そんで爺さんが若い頃にどこぞの地元新聞記事に取り上げられた切り抜きが飾ってあって、少し若い頃らしいんだけど結構イケメンでしたその爺さん。色々見て回って悩みに悩んだ末にこれにしたんですが、真ん中のちょっとギザギザの葉っぱはオークの葉っぱ(確か)なんですが、なんと!!!樹齢300年の木から生えた若葉だそうです!!!300歳ってアナタ!ブル〜様と同い年!ご縁を感じましたよ(笑)それでその300歳の木ってのがある日竜巻でポッキリ根元から折れてしまったんですって。で、その時に芽生え始めていた若葉を大事にとって押し花にして作ったっていうんだから買わないって選択肢はないでしょうそうでしょうネエ貴女?こういうのがご縁ってものじゃなくて?!

大きさも邪魔にならない手頃なサイズで四角いからデスクに立てかけるのにぴったり、これを見るたびに若い頃イケメンだった爺さんが丹精込めて花を育ててアートにしたり、300歳のロマンに心を馳せるわけです。妄想するのに超ピッタリ〜〜〜〜〜(*^。^*)思わぬ収穫でした。であとで調べてみたけどこの爺さんトシだからかサイトすら持ってない(ーー;)名刺にもド田舎の私書箱とメールアドレスしか載っていません。コツコツ作ってこういうイベントのある時だけ売りに出てくるのかしら気になります。今年すごく良かったので来年も是非このイベントに行きたいんだけど、この爺さんは来年も来てくれるのかしら…。




そういえばアクリル棚が届いたので組み立てました。ぱっと色が見えるようになってなかなか悪くないのですが、正直行って持ち運びが大変にしづらいのです(ーー;;)つ〜か頻繁に持ち運びしてるとアクリルが割れそうなんだけど大丈夫かなコリャ(ーー;)気をつけないと…。一番後ろの棚がスペースが空いているので筆をふと思いついて筆を置いてみました。悪くないかも!

そんで前回の色塗りがものすごく古臭いテイストだったもんで、今回は少し今風の色塗りにチャレンジです。なんだかんだと結局水彩色鉛筆の塗り方呪縛から抜け出せないのですが、インクってほんとに塗るだけでインクが勝手に適当に仕事してくれるって感じで感動しっぱなしです。道具じゃなくてスキルよ!ってな心情だったのですが、同じように塗ってるのに仕上がりが全然違うので、やっぱり道具って大事なんだなあ…としみじみ。今までの絵は全て修行でした!て感じでしょうか(笑)もっとこう色に余白を出して今風にしたいんだけど手癖ってなかなか抜けなくて四苦八苦しております(ーー;;;)まあ何事も練習…


拍手パチパチありがとうございます♪以下はレスです(^^)
5/7 414いつも読んでますさま
白文字で書いていたのですが確かに携帯やIpadだとマウスでハイライトできないので読みづらかったですねすみませんでした!前回のお返事も一応薄いグレーに変更してみました。今度こそ読めると良いのですが(^^:)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.