FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
か け な い (>_>)
最近全然絵を描いていないので今日は仕事のペースがゆっくりだったのをこれ幸い、一期さんを描いてみました。んが、溢れ出る「コレジャナイ」感に参ってます…なんだろやっぱり愛が足りないのかなあ(ーー;;)造作はともあれ、もっとこうキャラの性質を自分なりに把握出来ていればいくらでもアレンジできるってもんですが、やっぱりこうイメージを作るにあたって材料が少なすぎるのかもしれません。自分そんなに想像力のあるタイプじゃないし…、いや、全くないわけじゃないけど何もないところからぽこぽこアイデアが浮かんでくるような才能はございません。テラはなにしろ原作者様が非常に感情的なタイプと思われるのでキャラにものすごく命が篭ってるおかげで、そこを足場にして想像の翼を広げてゆくにあたって全く困らないんですけど、これはなにしろプレイすら出来ないゲームだし、メインのキャラでもないし…というわけでワタクシの超乏しい想像力にも限界が(>_>)

なんかこうエンジンかかるような展開があればいいんですけどね〜活劇の二期とか(笑)まあこれは色塗りの練習用ってことでとにかくあとで色塗っとこう(ーー)


犬の様子もなんとも言い難く。この間獣医さん連れてってリューマチじゃないかって言われて炎症を抑える薬を処方されたんですよね。で、びっこはひかなくなったのでやっぱりリューマチだったのかもしれません。んが、やっぱり以前のような距離の散歩には相変わらず行きたがらず…。もうこれは加齢のせいでしょうがないのかもしれませんが、朝いちいち二回の散歩するのは単純に面倒だし(ーー)罪悪感もこの上ないです。年が年だからいつ死んじゃってもおかしくはないんですけど、緩やかな老化を見るよりもういっそのことぽっくり逝って欲しいというのは私のワガママ。歩けなくなった時、抱っこして歩けるようなサイズではないですしね…。まあペットってどんだけ尽くしてあげても死んじゃったら「もっとああしてあげれば」って絶対思うものだから、そこは割り切らないといけないとは思うんですけどね…。犬としては最高の暮らしをさせてあげていたという自負はあるし。しこたま散歩やらハイキングやら、在宅で働いてるからずっと一緒だし、飼い主として自分にできることは全部やっていた。という自信はございます。が、死んだらきっと山程後悔が残るでありましょう。

猫が死んだ時も辛かったけど、猫ってその性質からして割と人間と対等な立場というか「同居人」という感覚だからまたちょっと違うんですよね。でも犬って本当にご主人様のために生きる犬!という忠実な存在だから(特にうちの犬は)その犬から常に忠誠の眼に晒されている飼い主のワタクシとしてはきっとその死は重くのしかかるであろうと容易に想像つきます…。これが宿六や赤(仮名)さんにもっと懐いていたらここまで思わないと思うのですが、うちの犬はどういうわけかワタクシLOVEでご主人様一筋という感じなので罪悪感が半端ないです。

まあ別に今どうこうってわけじゃないし、なんだかんだとあと数年生きるかもしれませんけどね!(ーー;)でも念のために大型犬用ベビーカーなどアマゾンで目星つけてあったりします。以前目をつけたのがあったんだけど、今また新しいのが出てそちらのほうがよさそうな感じ…。中型犬サイズもあるんだけどサイズ測ってみたところサイズ詐欺というか小型犬しか乗せられなそうなのが残念。あんまりかさばるのもいやなんだけど。どっちみちこんなの押して近所を歩いたら近所中の噂になりそうだな(ーー;)今も散歩はあまり人のいない早朝にしかしていないんですが、これを買った暁にはますます早起きになりそうです(笑)願わくばあまり辛そうでない死に際になりますように(ー人ー)(別にまだ危なくない)


拍手パチパチありがとうございます♪過去のジョミブル作品に拍手下さった方、本当にありがとうございます(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.