FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
切ないものをみた
fc2blog_20190202095952466.jpg炒った大豆なんて当然ここらじゃ売っていませんので節分に関しても赤(仮名)さんによく教えられない(ーー;)のですが、一応お弁当だけでも鬼弁当。去年はおにぎり一個だけ鬼にしてもう一個のおにぎりは豆を投げる子供にしたんですけど今年はめんどくさくて鬼が二人です。



今日は雨が降るらしく、全体的に湿った空気。そのせいかウチの年寄り犬も超短距離で散歩を済ませてしまいまして、当然運動が足りないのでいつもの二度目散歩に行ってきたのですが、その途中で切ないものを目撃してしまい申した。


我が家からそう離れてないお宅に車がやってきてドライブウエィに停まったんですよね。まだ朝の六時半にもなってないから、大抵の皆さんは出勤するために車は自宅から出発していくばかりで、車が家にやってくるのはちょっと珍しい感じです。だからお互いの家の子をたとえばバスの出ない私立学校とか、クラブの朝練(?)とかに送り合う約束をしてる人なのかな、つまり誰かを迎えにきたのかなと思って近くを通り過ぎました。そしたら車の中から男性と子供が二人降りてきましてね。子供はどちらも小学生でお姉ちゃんと弟。学校に行く準備がもう出来ててリュックサックも背負ってる。なんでわざわざ車を降りるんだろ??とぼんやり考えてたら男性が子供達に声をかけました。

「じゃあまた再来週にな。(弟に向かって)今週の木曜日はボーイスカウトがあるからまた迎えに来るから」

(u_u;)


答えが分かった人は手ぇ挙げて〜〜〜。

つまりこれが離婚家庭の現実でござるよ。男性は要するに二人の父親で、しかしながらその家には住んでおらず、つまりは両親は離婚してて、週ごとにお父さんとお母さんの家を行ったり来たり、習い事の時の送り迎えも離婚した両親で分担したり、そういう場面でございました。

日本と違ってアメリカは共同親権が当たり前だから実際よくあることなんだけど、その場面をこうして目の当たりにしてしまうとなんか切ないものがございますね。何が切ないって、子供達の立場がね。そもそも寝起きする家が交代でくるくる変わるなんてのも面倒だしさ…今日みたいな場合はその分無駄に早起きして準備しないといけないし(そういう問題か)離婚した親に彼氏彼女、ましてや再婚などされたら一つ屋根の下で赤の他人と寝起きしなきゃいけないわけでもっと面倒だしさ…(だからそういう問題じゃない)まあそれでもなんとかやっていける再婚家庭が多いのは、ひとえにアメリカの住宅が広いからっていうのも要因の一つではあるかもしれません。子供と親のバスルームって必ず別々だから風呂場や洗面所をシェアってことはまずないし。アメリカの家って大人と子供のスペースがきっぱり分けられているんですよね。

そういえばお隣も再婚(?)家庭ではあるんだけど、奥さんは精子バンクを使って二人の子供を産んだので元夫は存在せず、そういう意味ではシンプルといえるのかも。でもご主人はとても出張が多く、その上奥さんも時々出張があるので、ベビーシッターが何日か泊まり込みできてることなんかもあります。それはそれで自分が子供だったらすごく嫌かも(ーー)まあベビーシッターの家に泊まりに行かされるよりはマシですけどね。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.