FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
風邪をこじらせてます(ーー)
葬式に行く直前にちょっと風邪気味だったのですが、デトロイトまで一泊旅行+土曜日学校で無理したので少々こじらせもうした(ーー)ちなみになぜそもそも風邪をひいたかというと、葬式に行く前に二日ほど赤(仮名)さんが「一緒に寝て〜」とベッドに潜り込んできたのですが、その時なんかちょっと咳してたんですよね(ーー)超健康優良児は軽い咳で済んでも、力尽きてカサカサの私には効果覿面(ーー)

というわけで今日もあまり全快とはいえずちょっとまだだるいし頭も痛いです…。

fc2blog_20190302062157701.jpgお葬式に行くにあたってデトロイトまで一泊旅行、さっと行ってさっと帰ってくるつもりだったので荷物も最小限に致しました。ミネソタに住んでる同僚(♂)がいつも職場出張に来る時リュック一つで来るんですよね(ーー;)さすがに男性は色々気楽なんだろうけど、なんでリュック一つに荷物が全部入るんだろう…と常日頃思っていたのです。んが、今回はなにしろたったの一泊なので自分にもできるかもしれない!なにせ葬式は着いた日の夜で翌日は帰宅するだけの旅路ですので…。で頑張ってみたところ、リュックに全部入りました!お葬式の服はドレスパンツとセーター、なにしろ北部は寒いので靴は黒のアンクルブーツでそのまま行くことに。正直言って一番の難関はパジャマ(ーー;;;)同僚は男だからパンツ一枚とかで平気で寝てるのかもしれん(ーー;;)少しでも荷物を小さくするため、普段のパジャマズボンの代わりにレギンズを詰めました。洗面具も本当に必要最小限のものに絞ってさあ出発!正直もう少し詰められたけどあんまり時間もないしまあいいやって。

結論から言うと、ぶっちゃけチェックインしなくていいってのはかなり楽で、癖になりそうです〜〜〜。飛行機降りてから荷物のベルトコンベアまで急がなくていいし、時間に余裕があったらゲート周辺のお店を物色したりする時間もある!

fc2blog_20190302062212eb0.jpgそんでねデトロイト空港には和食レストランがあるのでのんびりそこに行ってみたんですが、チャーシューメン頼んだら大外れ(ーー;)チャーシューに脂がかけらもない!パッサパサの肉…辛い…しかもゆで卵は固茹で…。よくよく観察してみると、寿司カウンターの向こうで寿司を握ってるおっさん達もどうも喋ってるのが日本語じゃない(ーー;)な〜んだ結局ここもナンチャッテ和食店だったか…。でも改装前はもっと美味しかったような記憶があるんですけどね…気のせいかな(ーー;)ここで食べるくらいなら空港内にもっとオシャレなレストランがあるので次回はそういうとこに行こうかと思います。

fc2blog_201903020622278b5.jpgfc2blog_20190302062244759.jpgfc2blog_20190302062258541.jpg普段なら義姉達の家に泊まったりするのですがとてもそんな余裕はなかろうと、なんと空港内のホテルに泊まることにしました。正直無駄に高い(ーー)けどそれだけの価値はある!!!!なんとゲート内部からホテルまでの直接の入り口があり、今回はチェックインの荷物がないのでゲート内のお店を物色したりラーメン食べた後はそのままのんびりホテルまで歩いて直行!どうも空港に入る用の専用セキュリティゲートもあるみたいなのですが、残念ながら早朝は開いていませんでした(ーー;)部屋自体は代わり映えしないホテルの部屋って感じですが、何しろ場所が良いので他のことは全てどーでもいい。

fc2blog_20190302062313ffe.jpgfc2blog_20190302095259e6e.jpgホテルからUberをかっ飛ばして葬儀場へ。義両親のときは教会でお葬式だったので、葬儀場の葬式は初めてです。午後3時〜7時までがVisitation、いわゆる通夜とか弔問みたいな感じ。で本番(?)の葬儀が7時から。そんでね会場に到着したら、すんごい人で。むしろ人壁!葬儀場が思ったより狭かったんですよね(ーー;)知らない人ばっかりで義家族がどこにも見当たらないからポツネンと一人で会場の端っこでウロウロしてたのですが、「ASIAはどこ?!きっとどっか隅っこに隠れてる筈だからアンタ探しておいで!!」と義姉1から命じられた甥っ子その2が探しにきてくれて前の方に連行されました(ーー;)そしたらみんなそこにいたんですけどね。「ちょっとASIA!あなた一体どこに隠れてたのよ、何かあったのかと思って心配したじゃない!(゚Д゚)クワッ」って義姉1に叱られた(^^;)まさか州外から飛行機でわざわざやってくるとは誰も思ってなかったみたいで私の株、爆上がり!!(^^)高い金出した甲斐がありました(笑)肝心の宿六が来てないことについて誰も言及してこないところがさすが家族だなって思いますね(^^;)あっやっぱりねって空気。

不謹慎だから写真撮れないかな、と思ってたら義家族が娘や孫に普通にカメラ向けて「こっち見て、はい、スマイル〜」なんて写真撮ってたので遠慮してるのがバカバカしくなるほど(ーー;;)でもとにかく人が多すぎて、葬儀終わってだいぶ人が退出するまで写真撮れなかったチキンです。しかも何の意味もない後ろ姿とか(^^;)服装は本当に様々で、赤とかオレンジって人もいました。とにかくきちんとした格好であればいいって感じ。若い女性のほうが黒にこだわって、年齢が上になればなるほど服装が自由になっていってる感じです。義姉1なんてヒョウ柄でしたからねヒョウ柄(ーー;;;)いや、確かに似合ってるけど…。義家族も白着てる人も結構いたし。男性はだいたいスーツなんですが(寒いからかシャツの上にフリース着てる人もいたけど)こちらも色はなんでもあり。私を探しにきた甥っ子2は多分あれしか持ってないんだろうなっていう感じのちょっと明るめな色の辛子色のスーツ(^^;)甥っ子2は紺。甥っ子3は遺族だからか黒のスーツ。でも黒のスーツってあんまり凡庸性ないから持ってる人の方が少数派ぽいです。男性のスーツはグレーが多かったかな。前述したように私は黒のスラックスと黒のセーター、グレーのパール、ストールだけはモスグリーンのにしましたけど全く何の問題もなかったです(^^;)雪があちこち積もっていたくらいの寒さだったのでブーツも正解。

会場はどんな感じだったかというと簡素の一言。アメリカはなにしろ土地があるので土葬が主流なのですが、義家族は火葬派。そして火葬は既に済んでおり遺灰の入った箱があるのみなのであまりお葬式という感じがしないんですよね。であとは写真を一杯飾ってあるだけ。それと会場に装備されている巨大モニターに、義家族が作ったらしい、生前の思い出写真の数々がスライドとしてパワポで延々と映されてました。肝心のお葬式はどんなかというと、教会の牧師さんが故人の生前の経歴や神様のありがたいお言葉などを述べるだけ。賛美歌歌ったりとか何もなし。義両親の葬式よりも簡素な感じ…。30分強くらいで終わりました。はやっ!!!もっと長丁場を覚悟してたんですが(^^;)義両親の時は葬式の後に別の部屋で軽食が振舞われたのですが、今回の葬式は何もなし。「ご飯食べてきた方がいいよ」という甥っ子のテキストに従っておいて正解でした!!

葬儀が終わると親族に最後のあいさつをするための行列がずらっと(ーー;;)まあ私一応親族のはしくれなので先に軽い挨拶だけして後は行列が終わるまで他の義家族を親睦を暖めあったりしてました。甥っ子姪っ子が全員揃ったのを見たのは超久々です。子沢山の甥っ子姪っ子は子供達を置いてきてたけど、一人っ子のところは連れてきてました。赤(仮名)連れてこようかとちらっと思ったんだけど学校二日も休ませなきゃならないのでちょっとね…。

唯一の誤算は、葬儀会場のあった街がどうも小さすぎてUberが捕まらなかったこと(ーー;;)あらかじめ甥っ子3に「そこの街はUber拾えそうな感じ?」って確認しておいたのですが、別に小さい街ってわけじゃないのですがアプリで探しても拾えるUberが一台もない!葬儀会場のスタッフに「タクシー会社はここらへんにはありませんか?」って聞いてみたら、なんと葬儀社の人も知らないとか言うし(ーー;;)え〜なんだよお葬式に来る人って誰もタクシー使わんの???試合終了〜〜ってなりかけたのですが、義姉1夫が空港まで送ってくれるっていうんですよね。え、ちょっと悪いなあ…と思ってたんですが、義姉によると義姉夫はこういう湿っぽい場が苦手だからさっさと理由つけて帰りたい、んだそうで(^^;)どうも義姉1夫は本当に早く帰りたかったみたいで「ASIA! ASIA!もう準備はいいかい、行こう行こう!!(゚Д゚)クワッ」て鬼気迫る感じでやってくるから、アッハイハイただいま参ります〜〜〜(ーー;)と遠慮せずに乗せてもらうことにいたしました。なにせ葬式に来るのに大枚払ったしな!(ーー)

宿六が赤(仮名)さん連れて春休みあたりに改めて訪問しようかなんて話が出てたのですが、義姉2は傷心を癒すためにしばらくフラフラと一人旅をする予定(職場復帰は4月からだそう)なんだそうで…。夏休みならOKってことで、それまでに宿六が心変わりしませんように(ーー)日本にも行くしホストファミリー訪問もあるから有給無くなっちゃうYO!

てなわけで翌朝は7時の飛行機に乗ったのですが、早朝すぎてホテル直通のゲートは閉まってるし、正規のゲート通ったらすんごい行列になってるしで結構バタバタする羽目になりました(ーー;;)でもチェックインもすごい行列してたので、あれを回避できただけでもよしとします…。デトロイト空港恐ろしや。やっぱり早朝の方が混む傾向にあるのかな??



fc2blog_20190302105536206.jpgfc2blog_201903021055496ca.jpgそんなこんなで今年はせっかくひな祭りが日曜日にあったというのに全く何もできませんでした(ーー)一日中洗濯して精一杯…宿六もなんだかんだ体調悪かったので赤(仮名)さんは一日中テレビ漬け(ーー)お雛様は飾ってたけど、お雛様の歌を二回くらい歌ってあげた程度で今年のひな祭りも終了〜〜〜(ーー)嗚呼…。かといってひな祭りに出るような料理はそもそも私が好きじゃないしね…。まあそのうち…。まずは風邪から回復せねば。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.