FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
猫の喧嘩(ーー)
主に赤(仮名)さんが四六時中家にいるせいで家族全体ストレスを溜めまくっているわけですが、ついに思わぬ方向に飛び火いたしました。

猫達に…(ーー)


黒猫さんは一応赤(仮名)さんの猫、サビ猫さんは私の猫、ということになっているわけですが、なにしろ赤(仮名)さんがずっとずっとずーーーーーっと家にいるので一番割を食っているのは黒猫さん。まだ子猫とかならともかく、図体のでかい猫を「いつも一緒!」とかいう独裁政治の元、赤(仮名)さんが寝室にいるときは寝室へ、はたまた二階でパソコンに向かう時は二階へ、テレビを見る時はソファで一緒、といつも無理矢理「一緒」を強制されている黒猫さん(ーー)最近では赤(仮名)さんに抱き上げらるとウーっと唸り声をあげるように(ーー)

そして引き金を引いたのが外の野良?半野良?猫。たまに庭を横切る姿を見かけるその雄猫が、たまたま窓の開いている日にふらりと立ち寄ったらしく。窓が開いているといっても勿論網戸がありますので出入りはできませんが、そりゃもう黒猫さんの怒ること怒ること。その時は野良猫をしっしっと追い払って事無きを得たのですが、最近になって私が散歩から帰ってくると赤(仮名)さんと宿六がなにやら騒いでいるのです。

私のいない間にまた野良猫がやってきて猫同士で大騒ぎになったらしい。

…のは良いのですが、そのあと家の中の猫同士でさらに大喧嘩になったらしいのです。

推測するに、黒猫さんがギャーっと頭に血が上って、隣にいたサビ猫さんに八つ当たりしたかなんかだと思うのですが、予想外だったのは、サビ猫さんが今度は黒猫さんのことを大・大・大嫌いになって同じ空間にいるのを受け付けなくなってしまったこと(ーー)

なので家の中で二匹が接触するたびに、近所中に響き渡りそうな金切り声を上げて大喧嘩。それを見た赤(仮名)さんが負けじと大音響で悲鳴を上げたりするもんで、もうまとめて全員家から叩き出したくなるくらい(ーー)

そんで色々調べてみたのですが、以前仲のよかった猫同士がいきなり仲が悪くなるのも珍しくないそうです。そんでそういう時に猫同士の喧嘩を放置しておくと悪化する一方らしく。放置というか、ほっといたらどっちかが死ぬまで喧嘩しそうなので当然ほっとけないのですが(ーー)喧嘩というレベルを超えている…普通に殺し合い的な…(ーー;;;)

仕方ないのでマスターバスルームの方に猫トイレ、水、餌を設置して、サビ猫さんの方を隔離することにしました。今まで何をされても気が弱くて抵抗できないサビ猫さんだったのですが、今では黒猫さんの姿を見るだけでシャー!と威嚇する始末(ーー;)おそらく黒猫さんの方は売られた喧嘩を買ってるだけのように思うのですが、なにしろサビ猫さんが根に持ってるようなのでサビ猫さんのほうを基本的に隔離することにしました。

とはいえ、夜は黒猫さんは赤(仮名)さんと一緒の部屋で寝ているのと、さすがにずっとどちらかを閉じ込めるというのはフェアじゃないので、二匹を顔を合わせないで済むようにやたらとややこしい事になってしまってますます人生がめんどくさく(ーー)

fc2blog_202005280201061a8.jpgこんな写真を撮ったのはつい先週の事なのに、なぜにこんな事態になってしまったのか(ーー)そもそもあの野良猫が全て悪い!マイクロチップが入ってるらしいのでどこぞの猫なんだと思いますが、あまりの怒りに今度見つけたら保健所に連れて行ってしまいたいとまで思う私(ーー)

じっくり時間をかけて慣らしていくしかないわけですが、もらってきた時だってこんなしちめんどくさいステップ踏んでないのになぜに今更(ーー)そしてここまでしてもこの二匹がまた仲良くなる日が来るとは限らないわけで…(ーー;;;)


ああ〜〜〜〜〜〜〜〜もう動物も子供も夫もいらね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(自暴自棄)

ちなみに今私は犬と一緒にポーチにいるのですが、黒猫さんは二階にいるから多分大丈夫だとは思うんだけど、いつ一階に降りて来るかわからないので、そこまでいちいち気を配っていられないのでサビ猫さんはマスター寝室に閉じ込めてあります。ここへきて動物の力関係に新たに配慮しないといけないとか、ほんとめんどくさっ(ーー)



fc2blog_20200528014600f8b.jpgfc2blog_2020052801461857f.jpg一番可哀想なのは猫の喧嘩を怯えきった目で見るしかない犬かな(ーー;)我が家の力関係でいうと一番下ですからねえ…(ーー;;)先週末はやたらと暑かったので超久々に犬を洗いました。毎日ブラシはかけてるけど、シャンプーなんてするのは一年に一度くらい。シャンプー自体は嫌いではないぽいので、今年の夏は何回か洗ってあげようかな。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.