fc2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
蜂に刺されたの
蜂に刺されちゃってさ。
えらい目にあいましたよ。

蜂に刺された!っていうと、なんだかこう、蜂がブーンと襲いかかってくるのを想像する方が多いらしいのですが、私これで通算3〜4回目になりますが、そうやって襲われたことはただの一度もありません。

どのケースも私が悪いというか、自業自得というか、むしろ被害者は蜂さんというケース…。

そもそもミツバチは一度針を刺したら死んでしまいますからね(ーー;)手足が腫れました、っていうのと、外敵と戦って命を落としました、というのではどちらが讃えられるべき誉れある生き様かといったら、ほら、ね…(ーー;)前回二回は蜂を踏んづけそうになって刺されたんですが、今回は木の葉っぱを引きちぎったら木が無駄に揺れて、おそらく昼寝でもしてた蜂がびっくりしたのか、気づいたら腕に乗ってて刺されたという(ーー;)ただ今回の蜂は払い落としたら普通に歩いて行ったし、腕に針も残らなかったのでミツバチじゃなかったのかな??見た目ミツバチぽかったんですが、どうなんだろ。なんか「あっ、ごめんね…」みたいな気持ちで歩み去る(こんな日本語あったっけ)蜂を見送った私。

というか蜂の種類なんかどうでもいいんですよこの際(ーー)


fc2blog_202009012336158ab.jpg刺された瞬間はこりゃもういて〜のなんの、飛び上がったくらいですが、まあそれ以外は大したことなかったんです。あ、赤くなってるのは、無駄に毒を絞り出そうとして痣になっちゃったんですよね(笑)気づかなかったけどこの写真だいぶピンボケだな(ーー;)


fc2blog_202009012336343f1.jpgそして、これが三日後の写真!あれよあれよと日に日に腫れてきて、なんと水ぶくれで覆われてしまいました。しかも腕全体が重くて痛くて、肩の方まで痛みが広がってくる始末。日中はまだいいんですが、辛いのは夜!(ーー;;)


そんなわけで慌てて近所のウォークインクリニックに走りました。アメリカは日本と医療制度が全く違うので、普通の病院行こうと思ったら完全予約制、予約が取れたのが2ヶ月後でしたなんてのも珍しくないんです。ERはバカ高い請求もくるし、待たされることも多々。簡易診療所的な扱いであるウォークインクリニックは予約なしにすぐ行けます。ただ専門的な治療はできないので結局ERとか他のクリニックに回されることも。まあ虫刺されくらいだったらウォークインクリニックでも対処できる筈なので、行ってきました。


そしたらアレルギー反応だと言われましてね。うーん、アナフィラキシーショックとかはないんでアレルギーとかあまり考えたことなかったんですが、ぐぐってみると蜂刺されには遅延性アレルギーというものがあるらしいです

結局飲み薬3種と塗り薬一種を処方されましてね。でも処方箋が必要なのは一種類だけで残りはスーパーとか薬局で普通に買えるやつ。なんだ最初からアレルギーの薬を飲んどけばこんな大惨事にはならなかったんだな…(ーー;;;)次回刺されたらすぐにアレルギーの薬を飲みますよ。

アレルギーの話をすると、エピペン持ってたほうがいいんじゃない?って言われるから、エピペン処方してもらおうかと思ったのですが。結論から言うと、これだけではできないと言われました。エピペンというのは基本的に救急車でも間に合わない人のためにあるものだそうです。市販の薬でどうにかなる程度のアレルギーなら必要ないということで。実際エピペンも結構な副作用があるらしいので、簡単には出せないらしいですね。

フーン。お勉強になりました。


まあとにかく、それでアレルギーのお薬飲んだらだいぶ良くなりましたよ。腕の痛みもなくなってきたし、腫れもだいぶおさまりました。ただ水膨れが治るのにはもう少しかかりそうなので、今日はかぶせる方式のカバーみたいなやつ、梨が入ってるようなあれ、あれってなんか名前あるんですかね?まああの包帯もどきをかぶせてお仕事しています。そうでないとデスクに擦れて水膨れが潰れたりするしさ(ーー;;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.