FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
デジタルも頑張ってる
デジタルに慣れるための練習も日々怠ってはおりません(人間として他にやるべき事は沢山あるが)

4Pの軽い漫画↓
fc2blog_20200901233913078.jpgfc2blog_202009012339240ce.jpgfc2blog_20200901233934dbf.jpgfc2blog_20200901233947004.jpg雨柳堂とか百鬼夜行抄に影響されまくりな何か。なんかこう、飄々として、人間ぽいと思いきやしれっと怪異ちゃんに違和感なく馴染んじゃうのがよいですねぇ…。

ちなみにししやの羊羹は妖怪界隈でも人気の様子。なにせ老舗ですから。

fc2blog_202009012340532bf.jpg漫画をいきなり全部デジタルでってのはまださすがにハードルが高すぎなので、とりあえずこれくらい描いて残りはデジタルで仕上げました。全然勝手がわからないからだいぶばっちくなった(ーー;)けど、枠線を綺麗に引き直せるのとセリフの吹き出しが綺麗にできるのは大変ありがたいですね!これをいつかは完全デジタルに持っていくのが目標です。ネットにあげるような簡易漫画なんて、やっぱり徹頭徹尾デジタルの方が目にも優しいような気がします。


そんでデジタルペン入れ(?)の練習も着々と進めておりますよ。
fc2blog_202009012339573d4.jpgこれも!初心者にしては違和感なくいけたのではないかと思います。あとレイヤーも少しずつコツが掴めてきました。色合いがジブリみたいでいかにも、なのですが今の私にはこれが精一杯。こんなもん一枚描くのに5時間とか軽くかけてるし、もっと早いとこ慣れて早いとこ仕上げられるようになりたいですよ(ーー;)

fc2blog_20200901234010a62.jpgお着替え明石。これは色を重ねたら主線が弱くなってしまって失敗。主線はベクターレイヤーとやらで描いたので、線全体の色を濃く変えることには成功したのですが、それでも全然足りませんでした。上に乗せるレイヤーの色も少し落としたんですが、多分もっと他に使うべきテクがあるんだと思います…。そもそもベクターレイヤー を全く使いこなせていないので(ーー;)線の強弱を後からつけられるらしいのですが、とてもそこまでは無理でした。ベクターレイヤー のせいか、消しゴムかけても戻っちゃったり変な現象が起きたので、とりあえず慣れるまでは全部ラスターレイヤーを使うのが良いかもです…いくらなんでも初心者すぎだろ(ーー;)


カラーで四苦八苦してましたが、そもそも私はデジタルでカラーお絵描きをやりたいのではなく、軽い線画や漫画をやりたいんだった、とふと思い出しました(遅い)。デジタルって同じツールで色々できてしまうから、私みたいに気の散りやすいばかものはあっという間に目的を見失いがちです(ーー;)

fc2blog_20200901234019bf8.jpgfc2blog_202009012340279d3.jpgあとはやはり線画の調整ですよね。どのペンを使うか、線の強弱やら影はどの程度で処理したらいいのか、全く決まっていません。描くたびにコロコロ絵柄が変わる(ーー;)沢山描いていけば自分なりに「これ」といったもんが見つかるんだと思いますが…。

fc2blog_20200901234038301.jpgfc2blog_202009030250170e5.jpg色に負けないように線を強く!と意識しすぎてアナログに負けず劣らずくどい絵柄に…。カラーでないならそんなに線を強調しなくても良いような気がしました。カラーだって別にうまい塗り方をすれば主線がなくともどうにかなるんだと思いますが、まだまだ全然そんな段階じゃないですからね(ーー;)そんで自分が蜂に刺されたのを慰めてもらおうっていう魂胆です。アンタ愛人は描くもんですよ!

ただねこのレベルでも意外に色つけ(?)に時間がかかるんですよね…。何の色もつけずに線画の練習だけガンガンやったほうが上達するかなあ。

いちみかがいまいちハマりきれなかったので、カプでなく単一刀剣として一番好感度の高かった御手杵を可愛がる予定だったのですが、明石にハマって御手杵は二番手に…まあ彼あそんなの気にするような刀剣ではないでしょうが(笑)

いちみかにハマりきれなかったのは、一期も三日月も上品すぎるのが敗因だったように思います(ーー)二人ともお行儀良すぎてなんかあらゆる妄想が自分の思考回路から遠すぎるところにあったというか…。二人とも服装からしてあんなだしね…。夏場にゴロゴロしてるような二人とか全く想像つかんですよ。

それにしても、夢の難しさよ(ーー)

カプならどんな妄想も一気にそのまま突っ走れるんですけど夢…。

蜂に刺されたネタで思いついたのがあるんだけど、例えばそういうの描いちゃっていいんかなっていう。別にえろでもなんでもない、ただの会話劇だけども。

でもまあ、自分のために描くんならなんでもいいんかしらね。同担拒否(?)っていうのはそのためにある単語なんだろうし…。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.