fc2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
初めての線画から描いたデジタル漫画
鉄は熱いうちに叩きのめしておかないと、この年だからあっという間に気力も体力も尽き果てちゃうのでね。そうなるともうエンジンかかりづらくなっちゃうし…。数えてみたら去年は一年間で4枚くらいしか絵描いてなかったんですよね。それで一年中鬱々してたんでした。

それが今年はアナタ、2ヶ月で漫画入れると50枚は描いたよ!信じられる?私は信じない!


Akashi42.pngAkashi43.pngしかしまあ、こういうセリフを入れるようなやつはやっぱりデジタルの方がいいですね。一コマ漫画的に仕上げやすいので。アナログの絵にセリフ入れるって、ほんと浮くから…。


そんでね、クリスタの漫画ファイルをずーっとずーっとずーーーーーーーっと眺めていたんですよ。
4Koma.png最終的にデジタルでやりたいのは漫画なんだから、まあ練習もいいけどいつかは漫画に飛び込まなきゃいけないなあと思ってさ…。慣れるにはやるしかないしさ…。そんでね、全ページ四コマにしておけば初心者でもなんとかなるかなって。背景もなるべく減らして。


そんで思い切って線画からのデジタル漫画を描き始めたんですが、いや〜漫画ファイルってイラストファイルとかなり基本設定が違うので苦労しました(ーー;;;;)

ググったりもするんだけど、そもそも今起きてる現象をどう名付ければ良いのかもわからないのでググるのすら一苦労w なにしろクリスタって機能が多すぎて、ただマニュアル読んだだけでは多分全然頭に入らないと思う、ので、もう基本装備で突っ走るしかなかったです。本当はもっとちゃんと効率的なやり方があるんだろうなコレ、と思いながらあれやこれやの作業をしてました。せめてトーン塗る時?バケツ塗りできれば楽になるんだろうけど、私の絵って線が閉じてないことも多いし、なにより線画と別レイヤーでバケツ塗りするやり方がわからない…多分なんか秘密テクがあるんだろうけども…。

そんなこんなでヒイヒイ言いながらとりあえず仕上げました。
http://www.endlessorbit999.com/Touken/AkashiManga3_Otegine1.pnghttp://www.endlessorbit999.com/Touken/AkashiManga3_Otegine2.pnghttp://www.endlessorbit999.com/Touken/AkashiManga3_Otegine3.pnghttp://www.endlessorbit999.com/Touken/AkashiManga3_Otegine4.pngデジタルで漫画描くって、想像していた以上に人外魔境でした(言い過ぎ)だけどまあ、自分で言うのもなんだけど、だいぶ線が垢抜けた…。デジタルってとことん修正が効くからやっぱりそういうところに違いが出てくるんでしょうね。直線引いたりするのも間違いがないし。ただ平行定規とかパース定規みたいなのがあったほうがありがたい(^^;)多分そういう機能もどこかにあるんでしょうけどね…。

あとクリスタにはラスターレイヤーという色塗りに適したレイヤーとベクターレイヤーという線画に適したレイヤーがあるんだけど、以前ベクターレイヤーを試してみたらなんか全然わけがわからないことになって諦めたんだけどさ。でも漫画ファイル触ってみて、これはベクターレイヤー の方がきっと効率よく出来そう…って思ったんですよ。次回漫画描く時はベクターレイヤー に再挑戦してみようと思います。

つか今見たらあったわ、パース定規(爆)んも〜〜〜〜(ーー)
しょ〜がない、次回はちゃんと使おう…。


今回御手杵描いてみて、私結構御手杵が好きなんだなってムダに再確認してしまいました(笑)や、明石にハマる前は御手杵が単体で好感度トップだったんで、好きは好きなんですけども。

この御手杵は堕神討伐部隊の一番槍。霊力はあまり高くないんだけど、穢れや呪いに対する耐性が異常に高く、ブラック本丸で実験動物にされていたのを「私」に救出された過去あり。御手杵は「私」に恩義があるので望めば夜伽でも婚姻でもなんでもするんです。必要なら明石を折る事だって。

でも御手杵は明石は絶対に正攻法では来ないことも知ってるんですよね。真っ直ぐな戦い方しか出来ない自分は、もし明石と殺し合う事になったら、実力も経験も自分が上でも良くて相打ちだろうなと思ってたりします。それでももしやるとなったら全力を上げて明石を折る、それも御手杵。個人的な恨みや奸計はそこには全く無く、ただひたすら武器として存在する御手杵です。しなくても良いことはわざわざしないけれども。


多分自分に一番合ってるのは御手杵なんだろうなぁ…。御手杵と一緒になったほうが絶対に幸せになれるやつ…。明石にこっぴどくフラれたら御手杵んとこに泣いて走ろうと思います(笑)御手杵って、恋とか愛とか全く理解できないんだけど、こんな自分でもいいんならって、たとえ形だけでも自分に出来ることを精一杯やってくれそうなんですよね。夜伽でも結婚でも。周囲からアドバイス貰って全力投球した結果、気づいたらスパダリになってそうですよ(笑)

ただね御手杵ってあまりにも真っ直ぐすぎてくっつく過程があんまり物語にならないんですよ。御手杵との冒険譚、みたいな方が話が作りやすそうです。おてさに小説も沢山読んだんだけど、どれも可愛いんだけどあんまり刺さるのがなかったんですよね。その点あかさに小説はくっつく話だけで結構紆余曲折出来ちゃうので8割くらいが刺さったというのが大きいですね。



たとえば明石と御手杵で夜伽的なお題で考えてみたらば。

御手杵の場合:


なんでも教えれば素直に吸収するけど、閨事は流石に自分で教えるのは気が引けるからおね〜さんに手取り足取り教えて貰ってね、と花街に送り出したら

「口吸い教えて貰ったけどアンタ以外の相手とと思ったら涙出てきちまってさぁ」
「涙」
「うん、そんで頭撫でて貰って帰ってきた。口を濯ぐやつ分けてくれたけどアレすごいスースーするな!」

てマウスォッシュのフレッシュな息で帰ってくる。わざわざ花街送り出したのに泣いて頭撫でて貰っただけで帰って来て…気が遠くなりそうだけどこれは自分で教えるしかない。しなくても良い事だけどむしろ御手杵が気にするからいっちょやるか〜ってこっちも本腰入れる。映像はさすがに生々しいからとりあえず手引書数冊買って一緒に見る。

…という妄想が流れるように出ましてね。

同じ妄想を明石でしたら。


明石の場合:

明石いつも素っ気無いし無理矢理は可哀想だから穏便にやらずに済む方法を考える。という話をしどろもどろでしてたらそれまで黙って聞いてた明石が

「自分別に嫌やなんて言うてませんやんか!」

といきなりキレて出てっちゃった。

「明日は非番でよろしく頼んます」

との捨て台詞通り、明石は丸1日どっか行っちゃっていない。あ〜怒らせた…やっぱり明石とは合わないか…とちょっと涙したりなんかして。
そんで明石が帰ってきたと思ったら

「自分その道の玄人さんにきっちり仕込んで貰いましたんでいつでもええですよ?」

と明日の天気の如くサラリと言われて無事死亡。


…みたいな違いがあるわけです。同じお題でも気持ちの盛り上がりがあるのが明石の方なんですよね。なんかそこにハマっちゃったというかさ。

だけどまあ、夢設定なんてハーレムしてナンボですからね。明石も御手杵も両方侍らせたっていいわけですよ。


まあそんなこんなでぼちぼちやっていきます…。



拍手パチパチありがとうございます♪
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.