FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ご近所さんに新たなドラマが…
週末は花火を見たり絵を描いたりする以外にも実はちょっとイロイロあったんです。趣味話とは関係ないのでとりあえず週末が終わるまで書くの待ってたんですけどね。

ウチのサイトで一番人気のあるキャラって誰かご存知ですか。それはね、管理人本人でもなければオラウータンな宿六でもなく、お姫様な犬やヤクザな猫二匹でもなく、ヒイロでもデュオでもなく、ましてやジョミやらブルやら(え)でもなく、それはなんと…。

隣の奥さん。

ホントだってば!今年の日本行きでつくづく実感したですよ。だって「日記読んでますよ」と言ってくれた人のほぼ全員が「お隣さんは大変でしたねぇ…」って会う人会う人まるで金太郎飴のように言ってたんだもん!マジで隣の奥さん大人気!あまりの人気者っぷりに管理人も思わず嫉妬!あんな平凡な子にワタクシの女王の座を奪われるなんて…恐ろしい子…ッ!(ハンカチ噛み締めながら)ちなみに隣の奥さんに関しての参考資料:こことかこことかこことか。どこが平凡。

残念ながら幸いなことに隣の奥さんは最近は目立った言動もなく、大人しくしています。というか殆ど外に姿を現さないのでね…元・間男は結構見かけるんですけど、彼も割に大人しいので着かず離れず大人のご近所関係です。

とにかく隣の奥さんの愛されっぷりに、ご近所の人間ドラマって結構みんな興味あるもんだなって実感いたしましたよ。日本とはちょっと一味違うドラマでしょうかねえ。そしたらね、今週末はおあつらえ向きにご近所さんに新たなドラマが…もうこの際日記のカテゴリに「ご近所サスペンスドラマ」とか新しく作った方がいいでしょうか(--;)


今週末はね、金曜日が独立記念日でお休みだったんです。独立記念日といえば花火の日。ウチのほうは田舎なので、自宅の裏庭で皆さん平気でガンガン打ち上げ花火を打ち上げます。ご飯はやっぱり庭でバーベキュー。そんな祝日ですから、ご近所さんも皆さん朝からウキウキワックワクな日なわけですよ。

プリンセスは図体の割に超チキンな犬なので、花火のハの字でも聞こえたなら怯えまくって大変なのです。昼間からファイアクラッカーとかで遊ぶ子供もいるので、早めに&大目に散歩を済ませて自宅でまったりしてたんですよ。そうしたら誰かドアをノックする人がいましてね。ドアを開けたら近所の奥さんで。この近所の奥さんっていうのはウチから10軒くらい離れたところに住んでる人なんですが、近所のキャンプファイアーとかにもよく顔を見せるし、庭仕事が好きな人なので、犬の散歩のときにも良く見かけるのです。ウチの通りの反対側の端に住んでいるので、便宜上「端の奥さん」と呼ぶことにします。

まあその端の奥さんが玄関に立ってたんですよ。随分と厳しい顔つきでね…。で、あ、おはようございます~と挨拶したら、ずいっと手にしたブツを「これ持っててくれない?」って突き出すんです。見たところ随分と使い古された携帯電話…。

この携帯電話なあに?と聞いてみたらば、「これは夫の携帯なのよ。夫はこれを使って愛人と連絡を取ってるので取り上げたの。これ、どこか見えないところに仕舞っておいてくれないかしら。」


( Д) ゚ ゚

爽やかな朝が一気に火曜サスペンスドラマの世界に!




幸い宿六はIpodを聞きながら長風呂をしていたので、そこから端の奥さんの長い愚痴に付き合うことに…。それにしてもビックラした!端のご主人が不倫してたなんて!この夫婦って50代くらいなんですが、まあ典型的なアメリカ南部の人というか、見てくれをどうこう書くのは非常に失礼ではありますが二人ともいわゆるリンゴ体系、体格ははっきり言ってドラえもんです。その上端のご主人は更に失礼ながら、頭はつるっぱげで瓶底眼鏡をかけ、モジャモジャ髭も生えていてまあクマさんというか癒し系…。チビデブハゲ+眼鏡に髭といういわば五重苦のご主人にまさか愛人がいたとは。

端の奥さんが言うには、端のご主人はもう一年も不倫をしていて、勿論奥さんは全然気づかなくて、最近離婚話を切り出されていたのだそうです。で、不倫に気づいて愛人とも電話で話をしたらしいのだけれども、どうやら話は端の奥さんの知らない水面下でどんどん進んでいたらしい…。端のご主人の愛人は結婚していたのだけれど、端のご主人と一緒になるために自分の夫を捨て、仕事も捨て、住んでた町から今のところに引っ越してきて、二人の新しい愛の巣のアパートも既に借り、そこで端のご主人の離婚が成立して一緒に住める日をずっと待っているのだそうです。端のご主人も実は既に離婚弁護士なんかも雇ってて着々と離婚準備をしているはず…なのだそうで。端のご主人は家だけ奥さんに残すつもりで、お金なんかは全部もっていっちゃう予定なんだそうな。端の奥さんも一応働いているけれど、家のローンを払えるほどには稼いでいないし…という話。確かに結婚生活で出来た溝は深刻で、最近では夜の生活の方にもイロイロと問題があったのだとか。

どうも端のご主人と愛人は、独立記念日の夜にロマンチックなスペシャルデートを予定していたとかで、端のご主人と端の奥さんは喧々轟々の修羅場の末に奥さんがご主人の携帯を奪い取ってその足で真っ直ぐウチまで歩いてきたと、そんな感じらしいです。毎回しつこいようですが、ワタクシはこの端の奥さんとお友達でもなんでもない、時々ハイって手を振るくらいの軽いご近所さん付き合いしかしていないのですが…(--;)端の奥さんはいい人で別に嫌いじゃないですけどね。

まあそんなこんなでワタシに携帯を押し付けて端の奥さんは帰っていきました。ワタクシは奥さんに言われたとおりにその曰くつきの携帯を引き出しの奥深くに仕舞ったんですけどね。そしたらさ、その携帯、オフになってたんだけど目覚まし機能がオンになってて、土曜日と日曜日は朝の5時20分に叩き起こされた!(--;)散々なワタクシです。ちなみに宿六はアラーム鳴ってんのにグースカ寝てたけどね!

結局日曜日に奥さんが今度は携帯を取り戻しにやってきました。スペシャルデートをすっぽかされて携帯でも連絡がつかなかったため、業を煮やした愛人が今度は家の固定電話に電話してくるようになったのだそうです。しかもご主人は新しい携帯を買いに行くって言い出したので、じゃあしょうがない返すか…という気になったとのこと。日曜日は宿六が出かけていたので今度は家に入ってもらってしばらく愚痴を聞いてたんですけどね。因果なことに、端のご夫婦はミシガン出身夫婦の家のまん前なんですよ。数ヶ月も離れてない間に向かいの家二件で不倫離婚話って、ちょっと怖くね?それでね、端の夫婦の不倫&離婚話についてミシガン出身のご主人は何も知らないんですよね。で、ミシガン出身のご主人がしばらく家を空けるんだそうで、ミシガン出身元奥さんがしばらくハウスシッターをやるそうなんです(離婚はファイルしたけどまだ受理はされていないそうで)で、元奥さんが家に来るのはいいけれどその愛人まで家に呼ばれちゃたまらないっていうんで、ミシガンご主人が端のご夫婦に「自分が留守の間にウチのドライブウエイに停まっててもいい車」リストってのを渡したんだそうです。その間端のご主人は苦虫を噛み潰したような顔だったそうで…そりゃそうだね。今端のご主人は愛人からその煮え切らない態度にやいのやいの責められているそうです。もっと苦しみゃいいのにってのはワタクシの個人的な見解。

それにしてもこれでこのご近所の不倫離婚話が五件目とは…(溜息)もうアレだね、「ご近所の相談&愚痴聞きます」とか看板かけたほうがいいかすら。一体なんなんだろう、この顔がいけないの?この日本人な顔が「愚痴聞いて~」という人を誘うんでしょうか…確かにここらへんに住んでる東洋人はワタシ一人なんだけどさ…(じっと鏡を見る)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.