fc2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
SとMとシン様とブルー
SとMってソルジャーとミュウに決まってるじゃないですか、ナニおかしなこと考えてるんだ貴方は!(そんなタダレタ貴女にピッタリの当サイトです)

触手漫画の後記にちらっと「痛いことじゃなくてえろいことを沢山されちゃったブルー」ってなことを書いたんですが、本日は是非ともそこを補足したい気分でしてね(鼻息)

ワタクシえろ話に関してはまっすぐに快楽主義です。無理矢理系が好きなのも確かだけど、痛いのはあまりそそらないから…。なのでブルーの過去に関しては痛いよりも気持ちいいこと沢山されちゃったに違いないって主張するためのこじつけを色々考えてみましたよ。だってまあ奥さん考えてもみてよ。ミュウって残酷な実験を毎日毎日されてたわけでしょ?200度の蒸気やらなんやら、痛くて苦しいことばっかりじゃないですか。だから痛みや苦しみに歪むブルーの顔なんて毎日の実験で研究員も見慣れてると思うんですよ。だからブルーが痛がる顔なんて見たっていつもと同じで変わり映えしなくて面白くないじゃないですか?もっと苦しんでるところが見たいだけなら、200度を300度とか蒸気の代わりに高熱のオイルに代えるとか幾らでも実験のお題目で出来るわけですよね。なのでもしワタシが研究員だったら、痛みで顔を歪めるブルーじゃなくて快楽でとろけちゃうようなブルーの顔をなんとかして見てやろうじゃないかっていう方向になると思います。それに、タイプブルーは貴重だから、下働きな粗野なタイプは多分近づけてももらえなくって、研究員でも主要なメンバーのみがブルーに近づけたんじゃないかと。で、インテリな人達ってワタクシの勝手な偏見でいうと妙にフェチなタイプとかが多そうな気がするので、ガツガツヤッて泣かせて喜ぶよりは、気持ちいいこと沢山仕込んじゃって開発して喜ぶんじゃないかと。そんでもってワタシだったらそんなところ全部映像で記録して編集して裏ビデオ作るヨ!(ヲイ)暴力的な行為なら普通に忘れられるけど、開発されちゃって時々そのこと思い出しては体が疼いたりとかっていうのは更に羞恥心まみれでオイシイな~っていうのがワタクシの勝手な妄想です。ワタシもアルタミラに転職しようかな(え)

でね、なんとなくだけどジョミーのときはひたむきで優しくしてもらえるけれどシン様だとブルーにちょっとイヂワルなえっちっていうのが割とポピュラーらしいので、それについてもちょっと考えてたんですけどね。実はブルーはMの素質がとかいうんだったらシン様にいくらイヂワルしてもらっても万事オッケェじゃない?

で、SMな話っていうとワタクシはFancyfiguresさんの書かれたパラレルGWイチニ小説「KEPT」っていう短編を必ず思い出すんですよ。Fancyfiguresさんはイギリス人で最近小説家としてデビューなさったんだけども、この小説を書くにあたってSMに関して色々調べたらしいんですね。でね、この短編、パラレルで、真性Sのヒイロと真性Mのデュオのお話なんだけど、小説の中では性描写どころか掠めるくらいのキスしかを一度してないんだけどものすごくえろいんですよ。もうビックリするくらい。初めて読んでほぉ~って一番感心したのは、「お仕置き」の内容です。普通お仕置きっていうとなにやら縛られたり散々煽られて放置されたりとかそういうのが定番だと思うんだけれども、この短編の中でのお仕置きっていうのは、デュオに手も触れないことなんですよね。でもそのお仕置きって、結局Sであるヒイロにとっても辛いことなんだけど、それを一緒に耐えてあげるのもSからMに対する愛情表現なんですねえ。で、高級SMクラブで五飛がデュオを見てこいつはまだ壊れてないじゃないかって言うんですけどもね。つまり主人の命令に対して人形みたいに何でも聞くようなペットじゃないって意味なんですけども。それに対してヒイロが答えるには、デュオの心は強いから完全にペットとして飼い慣らすことは無理だと。デュオは従わされること自体に対しては喜びを覚えないけれども、従えと命令されることに喜びを覚えるのだっていうんです。えっナニそれ深~い(@@)デュオの中には常にプライドと服従の合反する感情がひしめき合っているのだけれども、ヒイロはそんな感情の動きも含めてデュオをいつくしむわけですね。それでまたこの真性SのヒイロのMに対するアメと鞭の使い分け具合が凄い絶妙なんですよ…。そこには確かに愛がある。ヒイロは自分以外の者の命令には決してデュオを服従させないし、自分以外の者には決してデュオを触れさせないし(自分とデュオのえっちを見せるのはOK)、自分の所有物としてそれはそれは大事に大事に扱っているのです。そしてデュオもそんなヒイロに自分がとても愛されていることをちゃんと理解しているのです。英語大丈夫な人は「KEPT」是非是非御一読を。

…なのでそんな関係だったらサドなシン様でも愛情深いって感じでイケるかもな~って考えてました。だってホラ、すれ違いなんかも悪くはないんだけど、やっぱりどっちにも幸せでいて欲しいっていう願望があるから。なのでFancyFiguresさんの小説をかなり真剣に読み返してしまいました(笑)ウンこんなSなシン様ならブルーも安心だ。ワタシは仲人か。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.