ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
お手伝い
昨日は一体何を張り切って書くつもりだったのかサッパリ思い出せませぬ(--)きっとくだらんことだったのに違いない。

カラーイラストの主線をセピアに替えてから、カラー漫画を描くときの色のバランスが微妙に掴みづらくなってまいりました。というか時間が許すなら全部イラストみたいな感じで水彩色鉛筆とパステルオンリーにしてもいいんだけど、水彩色鉛筆は塗っては水を塗り乾いたらまた塗って…という作業を繰り返さないとなかなか気に入った色合いにならないので漫画だと時間がかかりすぎるんですよね。以前はコピックで髪のツヤベタとかするのが好きだったんですけど今はこうコピックの色が暴力的に濃すぎる感じであまり好きになれない作業…。コピックの色に合わせて主線とかどんどん濃くしていくとまた以前みたいにくどい色合いになりそうでなかなか(--;)

というわけで最後のキスシーンだけコピック抜きで塗ってみました。やっぱりこういう色合いのほうが好きだなぁ~。

今週末は地元のアニメイベントなもので、夕べは会場設置のお手伝いに行ってまいりました。日本のイベントと違って(コミケとかは特別ですが)こちらのイベントって日帰りとかじゃなくて大体三日間ぶっ続けとかそういう感じなんですよね。ビデオルームなんか24時間ぶっ通しだし。で、会場はホテルが多く。これってなんでだろうって以前は不思議だったんですが、日本のイベントと違って皆さん遠方からやってくる人が大部分なので、ホテルでやるのが一番理に叶っているのではないかと思います。そのイベント用に宿泊割引をホテル側とも交渉できるし。

この地元イベント、しょぼいしょぼいと思っていましたが、ホテルのミーティングルームを全部貸切で行うわけですが、ホテルを三日間押さえるだけで200万くらいかかるそうです。でその他他の経費も色々かかるわけですが、一般参加のチケット代で大体まかなえるというのですから結構スゴイかもしれません。

で夕べはそのお手伝いに出かけたわけですが、ワタクシのようなボランティア参加者が沢山来てちゃっちゃか設備を設置していましたよ。ワタクシ達はビデオルームの担当なので、ミーティングルームに椅子を並べスクリーンを設置しスピーカーシステムなど設置しワイヤを張り…というような作業をお手伝いしていました。イベントメインの部屋はステージやライトを設置したりかなり大規模な作業を行っていた模様。当然スタッフの人達はホテルに泊り込みです。10時くらいで切り上げて帰ったんですが、作業は夜中中続いたそうで(--;)

でもね、日本とアメリカのオタクで随分違うよなぁ~と思うのは、やっぱりその層ですね。やたらと若い子が多いです。高校生とか大学生とか(--;;)そんでもって、いかにもこれは日常生活で周囲に溶け込んでいなさそう、みたいなタイプの人がものすごく多いです。もう少し年上になると、ますます「ボク友達一人もいません!」みたいな感じの人が多い…アニメばっかり見てないでたまには外に出かけた方がいいですよみたいな(--;)服装はコスプレかアニメTシャツ(--;;;)圧倒的に黒多し。一昔前と違って日本のオタクの人はなんだかんだいってそれなりに服装も普通だし、特に女の子はぱっと見でオタクだって分からないような言動の礼儀正しいきちんとした人が多いですよね。でもこの人達は…(--;;;)ついでに平均体重は日本のオタクの三倍くらいかもしれません。まあアメリカ人は一般的に日本より肥満の人が多いのであまり比較にはならないかもしれませんが。

あまりにも特殊な空気の漂う空間にさすがに宿六も文句タラタラなので、ワタシ達はイベントのお手伝いをしてるんじゃないんだ、S君のお手伝いをしてるんだよ、と励ましあっております。今夜は夜の10時からビデオルームですよ~起きてられるだろうか(--;)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.