ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
アニメを幾つか見ましたよ
C子さんと御主人が今ちょっと多忙で出られないってことで、ワタクシと宿六は二人でS君の家を突撃いたしましたよ。C子さんがアニメ好きでないので、このチャンスに普段見られないアニメ、色々気になってた作品に一通り目を通しておきたいなあと思いましてね。

まず攻殻機動隊の「SolidStateSociety」これはまあ普通に面白かったです。ただこのシリーズってやっぱり話が複雑だから万人向けではないよね…宿六とか三男坊君は「何がなんだかさっぱり分からない」でした。ワタクシは攻殻機動隊のムックを購入したので、一応大まかなストーリーは掴んでいたんだけど画像だけで色々理解するのはやっぱり難しいかな~(^^;)情報量と映画の長さが非常にアンバランスな感じ。でもそれなりに面白かったですけどね。

その後「精霊の守り人」「黒の契約者」「地球へ…」「Freedom」のそれぞれ第一話をぶっ続けで観ました。

「精霊の守り人」は攻殻機動隊の直後に見たせいか、バルサが草薙素子に被りまくり(^^;)でも設定もしっかりしてるし画像は綺麗だしこれは見続けたいなと思いました。ただ、エッ今回ここで終わりなの?というバッサリとした終わり方がなんとも(^^;)ちょっと時間足りなかったような感じでした。

「黒の契約者」はネットで見た予告版が凄く良かったので楽しみにしてたんですが、正直ガッカリ…(--;)いかにもな専門用語(しかも説明なし)の羅列がかなりハナにつきました。ト書きだと「カッコ書き」にしてあるような単語がズラズラ並んでて非常に不親切。契約者契約者契約者、連発するのはいいんだけどなんかもっと違う単語でも良かったんじゃ…。望遠鏡のとこでのキスシーンとかも超いかにもって感じで、ワタクシもこの年ですからそんなんじゃほだされませんよ~って感じで興冷めでした。単純にキャラ萌えのために一人でコソコソ見る分にはいいかもしれません。でも皆で見るほどじゃあなかったと思います。これも一話のエンディングがバッサリで、えっ…ホントにここで終わりでいいの?って取り残されたような気になりましたよ(^^;)

「地球へ…」は更に違う意味で失望。まずジョミーが思ってたよりもナヨナヨな外見でちょっとうっ来てしまいました。繊細なミュウと全く反対な図太くて生命力の強そうな存在というのがジョミーなのに、睫バシバシの美少年風に描いてあってちと残念(--;)オシリとか出さなくていいですから…S君と三男坊君が「これってヤオイ?」とかいって囁いてるのをワタクシは聞いたデスヨ!違う~違うんだ…(;。;)

それからストーリーにもかなり不満。両親や学校の先生とかが感情表わし過ぎ!特にお母さんが…ジョミーの不安をハナで笑い、陰で「この子はやっぱり異常なのでは…」とセンターにチクリ電話をする、っていう描写が大事なのに、アニメでは涙を流しながらジョミーを心配する優しい普通の母親に大変身。これって、つまり「人間的な感情は悪である」と完璧に排除するという社会設定を全く別物に変えることにした製作側の意図ってことなんでしょうか?そこが物凄く大事なテーマだと思うんですが…。単純にミュウ対人間の対立を描くアニメになっちゃったんでしょうか。思いっきり不満です。

ちなみに「地球へ…」は英語字幕がついてなかったので、同時通訳しながらの観賞でした(--;)でも自分が喋ってるとアニメの音声が聞き辛いんですよね。

どうでもいいけど急に未来少年コナンとか太陽の子エステバンとか見てみたくなりました。どちらもこちらに輸入されてないからネットで探すしかないのかな…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.