ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
文化によるタブーの違い
本日はKiyasama本の裏話その3に続く…予定だったのですが、週末中にちょっと真剣に色々考えさせられる出来事があって頭の中がそれどころじゃなくなってしまったので、先にこちらを書くことにいたします。

本日の話題は、ずばり文化の違いによるファンダムにおけるタブーの差。日本の皆さんは海外の人は好き放題やっていると思いがちですが、海外にもちゃんとルールはあるのです。ただそのルールが日本と違うだけでしてね。本日はファンダムのタブーというよりも、創作物の内容のタブーのお話。
要は二次(でなくてもいいんだけど)創作物におけるえろの話なんですけどね。

日本って一般的に無理矢理とか鬼畜とか結構多いですよね。鬼畜で売ってる大手さんとかいるくらいだし、ショタも割にあるし。エロに関しては割となんでもありというところがあると思います。触手なんかがいい例で、キャラが触手と恋人同士になったりする(爆)ことってまあないわけで、無理矢理えろの代表という感じですよね。日本のタブーっていったら、むしろリバとかなんでしょうかねえ?自分のカップリングで受けが無理矢理ヤラれてるのと、リバとどちらか選べと言われたら、無理矢理話を選ぶ人のほうが多いのではないでしょうか。

でも、英語圏ファンダムでワタクシが遅ればせながら気づいたことは、海外では無理矢理Hというのがあまり受けない、というと語弊がありますが、無理矢理の場合は必ず小説のトップにそう銘打っておくこと、という規則があります。それだけ読みたくない人が多いということなわけです。で、無理矢理Hに関して言えば、日本みたいに無理矢理犯されながらそのうち拒否の声が喘ぎ声に…(爆)というパターンはあまり見かけません。お決まりのOZの皆さんにマワされちゃったりとか、勿論あることはあるのですがそれもまあ虐待という描写、大体イタイだけトラウマだけという感じの描写が多いのです。無理矢理喘がされちゃったりするような小説は殆ど無いといってもいいくらい。要するに無理矢理Hというのは大抵虐待の描写であって、エロの描写ではないってことなのです。

これがショタになるともっと厳しくて、例えば小さな子(とか小さく見える子)が無理矢理…とかいうのはもう絶対的にタブーです。実際色々小説を見てきましたが、無理矢理Hの話はあってもショタ話は全く見かけたことがないくらい。そんなの書いた日には多分ファンダムから叩き出されるのではないかという勢いです。コミッションを受け付けている絵描きさんのサイトを見ると、絶対に引き受けない項目リストに「無理矢理H特にチャイルドポルノは絶対に描きません」必ず明記されているくらい徹底しています。

で、ワタクシ個人の好みに関して言いますと、1x2というカップリングに関していえばワタシは特にえろがあることにはこだわらないほうです。結構えろって好みが出るから、嗜好に合わないえろを無理に読むよりは、キスだけでもいいとか朝チュンでも十分満足という感じです。ヒイロとデュオの間で無理矢理とか鬼畜とか…はまあ状況によりますけど、別にそこまで無理しなくてもいいですよという感じ。デュオをいぢめるために意味もなく存在する鬼畜なヒイロには特に食指は動かないですね。

ですがぶっちゃけて言いますと、ワタクシは純粋にえろそのものに限って言えばは結構鬼畜とか無理矢理が好きでございます。単純に「あ~エロ話が読みたいな」っていうときはGWではなくオリジナルとか違うジャンルとか回って小説を探したりすることもあります。そんなときのキーワードは勿論「18禁」「無理矢理」とかでございますよ。無理矢理なんだけど喘がされたりする「エロ」が好きなんです。でもこれはイチニに関してってことではなく(むしろヒイロとデュオの間に限っていえばそういうのはなくていい)、単純にエロに限った話。

でここまでが前置きなんですけどね。今回は内容が内容なので全部ストレートに仮名です。

1x2MLにAさんの新作が投稿されたんですよ。Aさんの作品はウチではまだ漫画家とか翻訳とかしたことないんですけど、Aさんの小説はなかなか雰囲気がえろくてワタクシ好きなんです。でもAさんの小説の特徴って、分かりやすいハッピーエンドばかりでないのが特徴なんですね。つまり、ちょっと冷たかったり多少鬼畜が入っていたりするヒイロと、そんなヒイロにメロメロだけど自分ではどうにもならないデュオ、みたいなパターンがあったりするわけです。でもAさんのの小説の場合は、二人の間に漂う緊張感とねっとり感がなかなか自分の中のツボに合って、それなりにハッピーエンドの話も多い(とワタクシは思っていた)ので好みなんですよ。以前Aさんの書いた痴漢の話とかね、凄いワタクシのツボにハマってお気に入りだったです、ハイ。なんつ~か、ワタクシの日本人としてのエロのツボにハマる感じ(笑)

ただ、Aさんが投稿した小説って、他の方の小説に比べるとあまり感想とかコメントがつかないことが多いんですね。また、Aさんが小説を投稿するときは、「こんな小説でごめんなさい」みたいな、ちょっと言い訳じみた前置きがあることが多くて、一体なんでそんなに言い訳がましいんだろう、内容も別に問題ないように見えるのにと常日頃思っていたのであります。

で、その投稿されたAさんのある小説の1シーンが結構気に入ったんですよ。小説自体は、ヒイロのことが好きで好きでたまらないデュオがある日二人で酒を飲みに行ったときに酔った勢いでヒイロの酒にドラッグを盛って、ゲームを仕掛けるわけです。つまり、かくれんぼみたいな…。二人ともプリベンター勤務なんですが、仕事が終わったら隠れるデュオをヒイロが追いかけて、見つけたらH,というゲーム。勿論二人は恋人同士でもなんでもなく、それは酔った勢いでの余興だった筈なんです。で、最初は単純にヒイロとHできることに喜んでいたデュオですが、ヒイロが毎日毎日ゲームを続けるのでデュオもさすがにどうしようって感じになってきちゃって。デュオはヒイロが好きですから、もうこんな体だけのゲームは止めよう、友達同士に戻らなきゃ、ってある日つかまっちゃった時にヒイロに言うんですが、ヒイロはきょとんとしててね。で、それにいらだったデュオが説明しようと試みるんですが、ヒイロは構わずデュオを誘惑し続けるわけです。で、涙を流しながらもうゲームはしたくないんだ、と懇願するデュオを、ヒイロは何もかもを理解した目で、もうゲームは終わりだ、お前を捕まえたから、という台詞で終わる話。

マ今回小説の内容自体はどうでもいいんですが。

ワタクシ的には、途中確かにデュオの葛藤があったりしたけど、ヒイロはゲームは終わりだって言ってるし、割にストレートにハッピーエンドなお話に見えたんですよ。で、デュオが涙を流しているのを、ヒイロが舐めとるシーンがあるんですが、そこの表現が、大きな犬が小さな子猫を構わず舐めてるような、という感じに書かれていて、ああ可愛いなって単純に思ったんです。ごめんなさいワタシ本当にオバカサンなのですよ。

で、そのシーンが気に入ったので、いつものようにイラストを描いてアップしたですよ。そのシーン自体はデュオは幸せそうな顔じゃないんだけど、ワタクシ的にはこれからハッピーエンドになるんだよ、という気持ちだったんですよね。

そうしたらね、幾つかまず「イラストはステキだけどすごく気分が重くなるようなお話ですね…」というような感じのコメントがついたです。

デュオが「もう止めてくれ」っていうのに無視して行為を続けようとするヒイロの押しの強さが、かなり他の皆さんに後味の悪い読後感を与えたらしいのですね。

そのときにアレ?って思うべきだったんですよネ…。

いや、思ってはいたんですが、あれ~ワタシの感覚がおかしいのかな、くらいにしか思わなかったんですよ。ワタシは単純にハッピーエンドだと感じたんだけど、他の多くの読者さんはそうは感じなかったらしいんです。だから、気を悪くした方がいたらごめんなさい、ワタシ的にはこれはハッピーエンドだと思ったんだけど、ワタシ物分りが悪いから解釈がちょっと違うのかも?というような言い訳を付け加えました。

そうしたら、ある常連のBさん(Aさんの小説のファン)がそれを庇うように、「そんなことはない、ちょっとした無理矢理のシーンくらい入っていたほうが、あまあま砂糖菓子みたいな小説よりもリアリティがあって良い。」みたいなコメントをつけたんです。Bさんは…割に若い方なんですが、考えるよりも先に口が出てしまうタイプなんですよね。でもワタシそのときそのコメント読んでも特に何も思わなかったのです。というか自分の小説の解釈が大多数の皆様と違うらしいということばかりで頭が一杯で読み流していたというほうが正しいのですが(^^;)

その直後、やはり常連のCさんが、自分のLJにBさんのコメントに関する投稿をアップしましてね。つまり、くだんの「無理矢理のシーンがあったほうがリアリティが」発言に関するコメントですよ。多少無理矢理のほうがリアリティがあるなんて発言はとんでもない、レイプの現実を考えたらそんな言葉は決して出てこないはずだ、というような内容です。Bさんの考え無しのコメントが、Cさんの逆鱗に触れたのです。

Cさんは、レイプ及び幼児性的虐待の被害者だったのであります。いわゆるサバイバーってやつです。長年誰にも言えず苦しんでいて、数年前にカミングアウトしたらしいです。

すぐさまワタクシは自分のLJからイラストの投稿及び全てのコメントをザックリ削除いたしまして、ついでにイチニコミュニティに投稿した分もザックリ削除してまいりました。1x2MLに投稿した分はもうどうにもならないので放置(^^;)そのときは自分でもいくらなんでも過敏反応しすぎかな?と思ったのですが、今になってみると英断でした(^^;)もう既にCさんのLJではその問題発言に関してそれはそれは物凄い大騒ぎになっていたからです。いわゆる祭りです。そんなタワゴトをほざいたのは誰だ、フクロにしてやる!という勢いの人までいて。

その祭りのコメントの数々を読むにつれてワタクシは初めて気づいたのです。レイプ被害者本人及び周囲の知り合いに被害者がいる、という人が結構いるってことを。その時ついでに初めて「無理矢理H話」が何故受けないかを思い知ったのであります。

まずいよね…。ワタクシ無理矢理喘がされてるのが結構好きなんです♪とかLJで考えなしに発言しちゃったりしてましたよ。ちょっと無理矢理ぽいイラストとかも喜んで描いちゃいました。この事件で自分の嗜好が変わったりするわけじゃないんだけど、無知ゆえに結構他人を傷つけていたんじゃないかと思うと…溜息が出ちゃいます。

その後Cさんからすぐさま直接メールが来ましてね。ワタシが気にしてLJからイラスト下ろしたことに関して、別にワタシのせいじゃないし気にしてないと言ってくれたんですが…そういう問題じゃないですよね(^^;)Cさんは無理矢理とかレイプシーンがある小説を書くことや読むこと自体に関して議論を呈したかったわけじゃなくて(それは個人の選択だから)、そういう小説に毒されて、レイプとロマンスを現実世界でも直結させるような危ない考え方に関して物申したかった、ということです。要するに現実と虚構を一緒に考えがちな若い人の考え方を問題にしているのだと。しかし発端は実際にワタシが小説選んでイラストなんか描いちゃったせいでこんな大騒ぎになってしまったわけですから多少責任を感じずにはいられませぬ。幸いAさんはLJのアカウントを持っていないので、まさか自分の小説が発端でこんな大騒ぎが勃発しているとは夢にも思っていないと思います(^^;)そしてBさんはどうやらCさんのLJをフレンドリストに入れてないようなので、結局自分の発言の結果に全然気づいていないと思います。でもワタシは間に入る気もないし。

しかしそこでワタクシは思ったのですよ。なんで海外では二次創作の世界であってもこれだけ無理矢理H話の認識が違うのだろうかと。日本の文化って…ある意味海外に比べると比較的レイプが社会的に許容されている(というと言い過ぎですが、程度問題ということで)下地があるのではないかと。

時代劇一つ見ても、悪いお代官様がお女中に手をつけたりとか、帯がクルクル~あ~れ~なんてまさにお約束で、アレを見てトラウマになる人は多分いないだろうし、むしろジョークのネタになるくらいじゃないですか。古典文学を見ても、源氏物語なんか、ヤサ男があちこち足を伸ばしては、他所の家に忍び込んで女を手篭めにしたりとか…で手篭めにされた女性は源氏にホレちゃったりするわけじゃないですか?若い女性なら、誰しも一度は電車の中で痴漢に会ったことがあるだろうし、でも痴漢相手を警察に突き出した経験のある人は多分少ないですよね。最初はレイプまがいにオカされちゃったけど、相手の押しの強さに引かれて好きになっちゃいました、なんて話も結構現実にゴロゴロしているし、「いやよいやよも好きのうち」なんて言葉もある文化…。

しかし今回のことで「レイプや無理矢理は決して二次創作の世界であっても冗談にして良い事柄ではない」という強い考えが英語圏に根付いていることに気づきました。要は「帯クルクル~(笑)」とか「今回のイラストは無理矢理Hです~(笑)」なんて笑うのはとんでもない、もってのほかということです。弱者が強者に力で押さえつけられるという図式がかなり根強いタブーなのであります。

なんだか上手くまとめられないので今日はここで尻切れトンボに終わりますが、色々と考えさせられる出来事でした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/06(火) 00:02:47 | | #[ 編集]
Re:
中身50歳(笑)中身というよりも、身体的に弱い立場というのもいけないのではないかなぁ~。二次創作は確かにファンタジ~なんだけど、なんだろね、ファンタジ~である筈の中身が現実に近いとでもいうのか、色々と線引きが違うことは確かです。

つかそっちのほうよりもそもそもの小説の解釈のほうがワタシ的にはよっぽど悩みどころ…何度読み直しても何故だか分かりませぬ(汗)
2007/03/06(火) 09:52:52 | URL | ASIA #-[ 編集]
毎度ゴメン。
毎度毎度コメントして御免…。
でも私もASIAさんの紹介したあらすじ見るともの凄く萌え話なんだけど(汗)。
そのゲームの終わりを告げたヒイロは明らかにデュオが好きで向こうから体だけの関係じゃなく自分の心も欲しいって根をあげるのを待ってたっぽいじゃない?だから捕まえたってことなんじゃないの?ハッピーエンドなんじゃないの?その後は絶対「実はお互い両想いだったんだね~」ってラブラブなんじゃないのかよ?!
……て思ったんだけど違うのかな…。
それで思ったんだけど、そっちは擦れ違いの切ない系の話はウケないのかな?日本の人は好きだよね。擦れ違いでお互い嫌いあってると勘違いしてるんだけどいろいろあって最後はハッピーエンドってパターン。あからさまにハッピーエンドじゃないとダメなのかな。
2007/03/06(火) 18:02:52 | URL | 田中 #klq26XPE[ 編集]
Re:毎度ゴメン。
そ~なのワタシ的には結構萌えた…(笑)それにストレートにハッピーエンドに見えたんだけど、大部分の人はそうでなかったようなのが更にビックリしたのです。すれ違ってるどころかちゃんと両想いに見えたんだけど(汗)
2007/03/06(火) 19:25:36 | URL | ASIA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.