ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
Kiyasamaの本が出た話-3
下火ながらも祭りはまだ続いてます…いたたまれねぇ~(--;)というかワタクシ的には祭り自体よりも、小説の解釈が自分だけこんなに違うことのほうがショックで何度も元の小説読み返したりしてました(苦笑)←冷たい女だから。BさんのLJをちょっと覗いてみましたが就職活動がどうのこうのとやっぱりなんにも知らない様子。若いってのはいいですねえ。

なんとなく気力が失せて珍しく絵を描く気も起きないので、しばらくお絵描きは一休みして気分転換でも図ろうかと思います。

てなわけで本日はKiyasama本裏話の最終回(というほどの内容ではない)でございます。エ~本日の内容は口さがないゴシップでございます。下賎な噂話が好きな人だけ読んでください(笑)今回の話は、ぜ~んぶ脳内妄想です。作り話です。誰かに聞かれたらワタシはそう答えますヨ(笑)
えっとですね、Kiyasamaの表紙について本人からの打診メールの直前にNさんという方からメールが来てたんですよ。NさんもKiyasamaもワタクシも皆1x2MLのメンバーでしてね。Nさんも時々絵の感想くれたり、時々は自分でも投稿したりしてたので名前だけは存じておりましたのですよ。

で、Nさんからのメールのタイトルが「Nからの大事なお知らせ」中身は…というと、「ある絵についてお話があるのでお返事ください。あるオリジナルの、あなたも知っているある人の、あなたも絵を描いたことがある小説についてのお話です(ニヤ)」

それだけ。なんだか凄い思わせぶりでしょ?

そういうまわりくどいの~ワタシ好きじゃないんだなぁ~(--;)アメリカ人なんだからもっとはっきり言って欲しいですよ。秘密めかしてナイショナイショなお話する程この人とは親しいわけでもなんでもないし…。

そしてその直後、それこそ10分くらい後にKiyasamaからのメールが来たんですよね。それで、ああNさんのメールってそれ絡みなのかなと思ってお返事出したらNさんからのお返事が来て。

そもそもNさんっていうのは一応プロの小説書きさんなんですよ。勿論オリジナル。ワタクシは読んだこともないし、どの程度売れているのかは良くは知りませんが、オンラインでは結構あちこちから出版されているのを見かけますし、一応それなりに売れている、みたいです。で、今回のKiyasamaの出版のきっかけというのは、NさんがKiyasamaの小説を自分の編集者に見せてそれが気に入られてデビューの運びとなったわけでございます。だからKiyasamaはNさんに恩があるのですね。で、Nさんは自分でも自分や他の人の本の表紙のデザインなんかも手がけているのです。で、NさんはKiyasamaの本の表紙絵を是非描かせてくれと自ら申し出たらしいのですね。

しかしNさんは「最近とても多忙で」とても描ける状態ではなくなってしまったと。案は既に出来ていて、エレベーターの前でヒイロが佇む感じを考えていたのだけど、ということでした。なので、ASIAさんの表紙絵というものも見てみたいし是非お願いしたいというメールだったのです。

ん~なんだか正直ハァ?(--;)と思わざるを得ませんでした。Kiyasamaは知り合いだからKiyasama本人から直接頼まれればそれは考えるけど、何故第三者である、しかも良く知らないNさんから「私からのお願いです」などと懇願されなければならないのか良く分かりませぬ。

それで、KiyasamaとNさんからほぼ同時にメールが来たわけですから、普通、ああ小説書きさんと絵描きさんと相談してワタクシへ依頼、という結論を二人で出したものと普通考えるじゃないですか。だからワタシもそういう想定で、Nさんからもメールが来ていて、こんな内容だったよと伝えたら、Kiyasamaは「Nさんはそんなこと言ってたの…」とさっと顔が曇った(表現はイメージです)のでございます。

Nさんたらサ~自分から表紙を描くって申し出た癖に~Kiyasamaがメールを何度出してもナシのつぶてで~ラフ画どころか案すらも教えてくれなかったと…。しかもMLには自作の漫画とか投稿するヒマはあったくせに、締め切りギリギリになって「やっぱりできません」とだけメールが来たそうです。その上勝手に自分の独断でワタクシにメールを送ってきた、らしいですよ。二人で相談して決めたわけでもなんでもなかったらしいです。

それを聞いてああなるほどねと思ってそれからはKiyasamaとだけの打ち合わせに集中していたのですが、Nさんの意図がなんか透けて見えるような気がしましたね。だって、Nさんたらワタシが「Kiyasamaとは御友達ですからKiyasamaのために引き受けますね♪」とさりげなく意思表示をしているのに「私のお願いを聞いてくれてどうもありがとう!」というスタンスで押してくるんですよね。そんでもって、「お礼に私のE-bookを全種類差し上げます。今手がけている漫画のプリントアウトも送ります。」とか言ってくるんです。そんなんいらないです…ワタシはオリジナルの小説は読まないんですよ~しかもNさんの漫画なんてさ…そりゃね、勿論絵のレベルとかって個人それぞれだからワタシがどうこう言う問題ではないわけなんですが、他人にお礼として差し上げようって考えるレベルっていったらやっぱりある程度…って普通は考えるじゃないですか。でもここは本音トークでぶっちゃけますが、彼女の描く漫画絵っていうのは日本のレベルで言えばマジで小学生の描くレベル。ホントだよ。ウソじゃないよ。命かけるよ。ワタシは初めてMLで彼女の描いたデュオイラスト投稿を見たときにそれはそれはビックリして目の玉飛び出るかと思ったですよ。

それで「英語のやおい関係のものを家に置いておくと夫に見られますし、それに英語の小説はイチニしか読まないので…気持ちだけ頂いておきます」と適当にやんわり却下したのですが、Nさんには全然通じないでますますしつこく食い下がってくるんですよ。「じゃあASIAさんのために(オリキャラ名前)の漫画を日本語で描いてみようかな…(思案中)そうしたらASIAさんの感想も聞けますしね(にっこり)」

いらないって言ってんのに!ナニその誘い受け!

ちなみにそのオリキャラってのはNさんにとって「モウ一人の自分」ってやつらしいのですが、髪が長くて後ろで一つにまとめてて、Nさんの描くデュオと全くもってそっくりという意図がバレバレのオリキャラなんです。

モ~お手上げと思って「Kiyasamaのためですからお礼の心配なんか全然しないでくださいな(^^)」とお返事したら、なんとNさんは「私の頼みを聞いてもらったわけですし、試しに描いてみました」とそのオリキャラのイラストを日本語つきで送りつけてきた!


「こんにちは!
 私 (キャラ名) である!」


い ら ね え よ !!!! (絶叫)


まさかここで公開するわけにはいかないですが(こっそりアップしちゃった…)、マジで晒したい!(--;)もう表紙絵に全力で集中していたのでそのメールには返事も出さず放置しておいたのですが、その後もワタクシがMLにイラストを投稿すると折につれ感想と共に「ASIAさんが私の小説にも表紙絵を描いてくれたらどんなにステキかしら~」みたいな誘い受けスメルムンムンで書いてきたりするのです。はっきりと「表紙絵描いてくれませんか?」と聞かれればはっきり断れるのに、なんでそんな誘い受け全開なのかすら…(--;)まさかそれ見て「是非描かせてください!」ってこちらから飛びついてくるとでも思っておられるのでしょうか彼女は…勿論全て見なかったことにしてスルーしてるんですが(笑)

しかしそんな彼女の不屈のポジティブ・シンキン!は是非見習いたいものです(笑)
Comment
≪この記事へのコメント≫
2chの怖い話かと思った。
あー、たまにそういう若い子の誘い受みたいな人がいて恐々とした話題として晒されたりするんですが、そっちでもあるんだね。ていうか多分そっちの方がモーレツな感じだ(笑)。
どうしてそんな自信満々なのか分からないけどホントに見習いたいなぁと思う反面、他人に迷惑掛けるのは御免だなぁとも思ったり。難しいね。特にネット上のメールのやり取りだけだといろいろ難しいよね。
自分が実力を認めてる人が評価されなくて凹んでるとなんでもやってやらぁ!って気になりますが、そうでない人の卑屈だったり誘い受だったりするメールはマジにウザいだろうなぁ。頑張れ!ASIAさん!
2007/03/06(火) 17:56:04 | URL | 田中 #klq26XPE[ 編集]
Re:2chの怖い話かと思った。
小説でちゃんとプロだから同じような感じで絵にも自信があるのかもしれないです。全く理解不能なのでワタクシにはなんとも(笑)単に全力で擦り寄ろうとしていただけなのかもしれないですが…(^^;)
2007/03/06(火) 19:27:22 | URL | ASIA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.