FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
知らないヒトを描いてみました
GWで仲良く一緒に活動させていただいていた蓮上さんが、現在は銀魂ジャンルで活動なさっているんですよ。で、11月のスパークに高杉さんというヒト(他人事)が主役の新刊を出されるんで、申し込み用紙用のサークルカットを描かせていただきました。ワタクシ銀魂は全く詳しくないのですが、テラのシャン学パロみたいに銀魂にもパラレル公式設定のお話があって、そのお話ではこの高杉さんってヒトが銀さんの格好をしてるんだそうです。

でも良く知らないヒトを描くのって結構難しいですよね…色々参考画像など見てみたのですが、この高杉さんてヒトはどちらかというと狂人悪役ヅラ…?なのですが、画像によってはちょっと色っぽい感じのもあったりして、それに蓮上さんの新刊はそのパラレル設定なのでほのぼの善人(?)の予定みたいですし。まあこれはカットだからまだいいとしても、蓮上さんの新刊に表紙を描くことになっているので更に迷いそうです(笑)

しかし高杉さんよりも更に難しいのがこのエリザベス!(--;)シンプルなラインのキャラほど難しい…(汗)

昨日は夜宿六がいなかったので、久々に千と千尋のDVDを見返してみました。あのね良く考えてみたらワタシ千と千尋を日本語で視聴するのって初めてでね。あら~イヤミざます奥様、海外住まいで英語ペラペ~ラのご自慢ざますの?違います~(--;)宿六とアニメを見るときは大抵英語吹き替えで観ざるを得ないわけです。物凄いコアなアニメファンなんかは日本語のまま英語字幕で観たりするのが「通」らしいんですけど、普通のアメリカ人は「字幕なんか読んでられっかヨかったるいぜ」てな感じなので字幕映画はあまり受けないのですよね…。実際宿六は字幕の映画だと大抵寝ちゃいます(--;)

というわけで千と千尋を初めて日本語で見てみたら、今までちょっとよくわかんなかった箇所とか伏線とか日本語版だとちゃんと説明してあった!(爆)ディズニー配給だから翻訳とか声優さんとか結構お金出してると思うんだけど、やっぱり細かいニュアンスとか、どうしても完璧とはいかないんですよね。英語版でも大まかなお話を把握するのには全然支障ないわけだけど、こうして改めて日本語版と比較してみると日本人の腑に落ちるような小さなところに手が届かないという感じ。でもさでもさこうして改めて観るともうホントに楽しくジョミブル変換出来てオツムの中がイイ感じに煮え立ちましたよグツグツ☆「わたしのことはハク様と呼べ!」なんてすげ~カックイイ☆もうホントブル~様にも冷たい目でじょみにそんなこと言い放ってほしいニヤニヤ☆「わたしの中に落ちてきた云々」とかエ、中に?中にどうしたってもっと詳しく!もうホントにねどうしてくれようかグヒヒヒ☆一応全体のお話の流れはおさらいできたのでそのうちに妄想劇場にまとめようと思います。

拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^^)
7月22日狐の子が~さん
狐の子、気に入っていただけて何よりです♪可愛いちまキャラが描けなくて七転八倒って感じなので…(--;)そんなに長いお話にはなりませんが引き続き楽しんでいただければなによりです♪

7月23日岡さま
ガミガミキースは個人的にお気に入りです(笑)「熟れて落ちる」っていい言葉ですね~え(うっとり…)こちらのヒトは閉じた世界どころか世界中に広めよう!みたいな勢いで練り歩いておられるのでジャパニ~ズなワタクシにはとてもついていけません…。ひょっとしたらもう刺青族が標準でワタクシのほうがマイノリティなのではないかと自分の狂気を疑う毎日です(それほどでもない)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.