FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
一杯一杯なじょみ
なんたってはぢめてですからじょみさんだって一杯一杯でございますよ。

「全部入った」とかいちいちしなくてもいいような報告をしちゃうところがお初な二人の初々しさってわけです。あ~二人はやっとひとつになれましたよみたいな。ブル~様もはぢめてで辛いけど、自分がどんだけ辛くても自分をあまりにも気遣ってじょみが辛い思いをしないように気を使っちゃうのです。だって年上だもん!それくらいの余裕はあってほしいざます☆でねちょっと締め付けられたりしただけでもねもうじょみアラ大変☆みたいな感じになっちゃって、なんだかんだと誘導されるがままに腰を振ってしまうがよろしい。年下攻めのえちは、そういう年上にリードされるがままみたいな点に是非焦点を当てたいものですね。余裕のある攻めなんて、年上攻めで幾らでも味わえるのだから、年下攻めの場合は年下でしか味わえない醍醐味を十二分にですねフヒフハ☆

でも正直なところを言うと今回これでもえちは個人的に軽く流したと思います。そのうちね一度ねおぉ!これぞ年下攻めのえち!みたいなえちをじっくりとことん追求してみたいと思いますのグヘヘ。ブル~様が子供の攻めじょみを喰っちゃうようなえちとかさ☆まだ青い果実の少年を熟れ切った自分の体にのめり込ませちゃう魔性の受けとかさ☆そういういかがわしいのを是非見てみたいんですのよ奥様(^3^)


ところでまだハロウィーンでもないのに近所でまたトイレットペーパーされてました。
TP_9_27_09_1.jpgTP_9_27_09_2.jpg
これ、ウチのお隣のお隣の家です。ホントにねアメリカのオトナってなァ幾つになってもイタズラが好きですねぇ…(--;)そのバイタリティ、見習わなくては。

オトナのくせにイタズラ好きっていえば、この間のチャットで丁度その日が誕生日って方がいらっしゃいましてね。アメリカでは誕生日の人にトシの数だけお尻を叩く、バースディ・スパンキングという習慣があるんですよ、ですからさぁ今ここに四つん這いになってくださいましと発言したら大変反響がありましてね(笑)ウソじゃないよホントですよホントにそういう習慣があるんですよ!普通は子供にやるんですけど、まあオトナでも物凄く仲の良い友達とか夫婦とか恋人とかならやるんでしょうけどね。ちなみに我が家はお互いの誕生日になると家の中に緊張感が漲ります(爆)12時まで相手が忘れてたら逃げ切れてセ~フなのですが…まぁワタクシは忘れたためしなどございませんけどね☆(^3^)

この間ご近所さんのお誕生日パーティーに呼ばれて行った時も、バースデーケーキのろうそくを吹き消した途端「スパンキングタイム~♪」なんてみんなで盛り上がったんですから。やや、大人ですから冗談で、勿論やりませんけどね。ワタシが交換留学生時代一年間ホームステイしてたとき、ホストシスターとホストブラザーにやられましたよ。ワタシは絶対ダマされてる!と思ったのですが、周囲の皆もその習慣を知ってましたのでダマされていたわけではないらしい…。由来はなんですかってチャットで聞かれたのでウィキペディアで見てみたのですが、特に由来はないらしく単なるおふざけ、みたいな感じにしか書いてありませんでした。

ちなみにアメリカには3月の聖パトリック・デイの日に、緑色のものを身につけていないとつねられるというヤな習慣があります。だから緑の服を着忘れて出勤した日には、慌てて緑色のメモとかテープを服に貼り付けて難をしのぐのであります…。みんながみんなやるわけじゃないですけど、そういうの目ざとく見つける人がいるんですよ(笑)前の職場はもっとラフな感じだったので、忘れた日にはオフィスの全員につねられたりしてました。痛い目に遭って学習いたしましたよ(--;)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^^)
9月28日ワセイさま
牛和歌丸がお気に入りとのこと、気に入っていただけて幸いです。個人的には自分で妄想するときはあまり「狂気」みたいな妄想はしないほうですね~というかシンとジョミを同じ妄想に出す自体当サイトでは大変稀です。どちらか一人があぶれますから(笑)ハッピーエンド至上主義ですので(^^)

9月28日てるこさま
どちらかというと地味な仕上がりの方が歓迎ですね♪CGのように派手な色使いではないので、アナログらしく地味~な感じのほうがいいのではないかと…サイズも小さいですしね。紙のことはよくわかりませんが、以前こちらで注文したポスカもそんなにいい紙ってわけではなかったのでどんな紙でも満足すると思います♪(大雑把だから)というか印刷されてくるだけで「自分の描いた絵が葉書に?!これはナニ?魔法?!」ってビックリ☆みたいな感覚だと思います(笑)色々アドバイスありがとうございます♪
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.