FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ちぅに理由のいらないじょみ
じょみはブル~様がダイスキなので何かっていうとちゅっちゅってちぅしてしまうがよろしいね。
そしてブル~様はじょみに一生懸命しがみついているがよろしいです。えっちの間受けが押さえつけられてるとかでなくて自分からも必死になって攻めを抱きしめてるのが好きでございます。んで、よく考えたらここはじょみの脳内世界なのだから体が辛いもなにもないと思うのですが、そこらへんはホラお約束ですよ☆

どうでもいいのですが脳内軟禁でえちがあっさりしていたので(自分的にはネ…)ギトギトの脂ぎったえろが見たくなってきました。この間ストレス解消に久々に鬼畜系サイトを巡ってみていたのですが、意外に鬼畜系小説は携帯サイトにアタリが見つかりました。というのは、多分携帯小説は字数制限があるのでえろに真っ直ぐ突入☆みたいなところが多いからではないかなと思います。ただ携帯サイトはPCから閲覧禁止のところも結構あってさびちぃゾ☆

鬼畜系小説はカプ間で鬼畜なことしたりされたりしてるってのはあまり好きじゃなくて、悪いやつら(いつもいつもウチの脳内キャラがお世話になっておりまして…)にガッツリえろいことされてるパターンが好きです。ワタクシにとってアイのあるえちとえろを追求するえちとは基本的に別物なんですよね。えろもまた別腹ですから!(笑)必死になって耐えてるところを快楽に堕とされるのがいいんざます☆そりゃあもう脳内では色んなパタ~ンが(^3^)でもねカプとしての形で言うならば、一番自分のえろ琴線(なんじゃそりゃ)に響くのは、カプ(というかまだできあがってない二人)が二人揃ってわるいやつらに捕まってえろいことされたり、えろいことをお互いにさせられたりしてる小説かな~(^3^)実は二人ともお互いちょっと意識しあってたりとか、こっそりお互い片想いしてたところを、悪いヤツラにえろいこと一杯されてる相手を見せ付けられて興奮しちゃって自己嫌悪とかね。ナニに気持ちイイこと一杯されちゃって相手に見られながらイかされるとか…。される方はどっちでもいいです。見てる方も見させられてるだけでどんどん理性が蕩けてくるんだし(悪いヤツラの思う壺)でもまあまな板の上に乗ってるのはブル~様の方が流れ的に無理がないとは思いますけどね。その後は無理矢理相手にあんなことしろこんなことしろとかってさせられたりして、最終的には二人とも快楽に理性が吹っ飛んで自ら…そこを悪いヤツラはニヤニヤと取り巻いて見ているみたいなのがカプ設定だと大好物です。

悪いヤツラが登場してくださるシナリオの場合は、可愛いじょみよりも禁欲的でストイックなシン様のほうが好みですねぇ。この間考えてたのは、二人して悪いヤツラに掴まって最初は別々の室で色々されちゃってるんですが、色々ってなによってそりゃぁ色々に決まってますがな☆(^3^)もうたっぷり色々されちゃって啼かされちゃった後、ブル~様は目隠しをされたままシン様の部屋に引きずってこられるんです。二人とも当然後ろ手に縛られてます。シン様は丁度直前に猿轡をかまされて、ブル~様に声がかけられない(勿論サイオンリングは必須☆)で、ブル~様は相手がシン様だと知らされないまましゃぶれとかいってシン様のをしゃぶらされるんです~。ブル~様は過去にもさんざんさせられてきたから凄くウマイんですよ☆シン様はそんなことしちゃいけないってブル~に言いたいんだけど猿轡噛まされてるから知らせられなくて、ブル~を汚すなんてできない!って必死で耐えて悶えながらもブル~様の舌技についに出しちゃうみたいなそんなの考えてました。その後初めてブル~様の目隠しが外されてブル~様当然ショックで、シン様はもう息絶え絶えだけどブル~に見られてやっぱりショックで、そしたら今度は悪いヤツラがブル~様の体を支えてシン様の体にブル~様の体をぬるぬるこすり付けて、シン様は当然イったばかりだからすぐまた反応しちゃって、ブル~様も反応しちゃって、いやだいやだ二人で言うんだけどそのうちに理性もグズグズに溶けてきちゃって(クスリとか打たれててもいいですね)(いいですねってアンタ)悪いヤツラの手助けなしにそのうち二人でアンアン言い始めちゃって二人でぬるぬるねとねと、ツルっと中に入っちゃってもいいですし、最終的にはシン様がブル~様にのしかかってケダモノのように(←重要)まぐわっちゃうみたいな。鬼畜えろだったらとことんがいいです。でも痛いのとかは絶対反対!鉄壁の理性がとろけちゃうような、そんな鬼畜が好みです。それって鬼畜なのって、そりゃあアイのない、悪いヤツラだけ登場するシナリオも各種取り揃えておりますので…。単体の場合はねえそりゃあもうアレとかコレとかソレとかさ色々☆

日々そんなことばかり考えてニヤニヤしています。今日も外はいい天気です。

拍手ぱちぱちありがとうございます♪萌えの糧です(^^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.