ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
今回の更新
トップはやっとDuranDuranシリーズの最後の一枚です…ゼエゼエ。これが一番気に食わない一枚なんですがね(爆)というかこのViewToAKillって曲はジェームズボンド映画のテーマ曲なんですが、その兼ね合いもあってか歌詞がものすご~く抽象的なんです。全然DuranDuranらしくないんですね。何度読んでもナニ言ってんのコレ?みたいなしょ~もない歌詞だもんで、歌詞からイメージ膨らませるのは諦めて単純に007のイメージで描いてみたんです。曲自体は好きなんですけどねぇ~。だもんで特に下のアップの二人は妙にクラシック(要するに古臭い)になってしまいました。あまりにも古典的な効果になんかどこかからカビ臭さが匂ってきそうですよ(--;)

あとはスケッチを三枚追加しました。特にテーマもお題もなくて描くネタがなかったんですが、いやネタがなくてもお絵描きの練習はしておかねばと思って体の練習画って感じです。二枚目はポーズのネタに更に困って下着カタログのVictoria’sSecretのモデルさんに助っ人して頂きました(笑)携帯カメラのレンズが汚れてたらしくボケボケですがね。三枚目は割と自分でもお気に入りの一枚になりました。

この三枚に限らず、水彩色鉛筆、使えば使うほどその良さが身にしみてくるような気がします。特に主線を黒からセピアに切り替えてから、まるで今までとは別物のようにその良さを感じられるようになりました。CGみたいな鮮やかさやカラーインクのような綺麗さはないですが、非常に素朴な色合いにますます惚れこむ一方です。手間隙かかるし色合いも地味ですが何しろ塗る過程が凄く楽しいんですよ~(^^)世間のデジタルな流れとは完全に逆方向に疾走しておりますが、これからもコツコツと水彩色鉛筆を極めていきたいですね。この際一人きりでも構わん。

「ご趣味はなんですか?」
「ええ、水彩画など少々嗜みますの(^^)ヲホホ」
ホラこうやって取り繕うのも簡単サ!(意味もなく脳内お見合い)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.