FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
トリプル・ギャフン(--;)
「ギャフンと言わせてやる」という古典的な言い回しがございますけれども、実際に「ギャフン」って言わされてる人って見たことないですよねぇ~。しかしワタクシは自分で言いますです。「ギャフン」昨日は職場でもう一日中ギャフンギャフン言いっぱなしでした。

なんでギャフンかっていうと…。

(1)足を怪我して養生していた新入りさんが、オフィスの引越しのときに初めて出勤してきたのは良いものの(ギプス装着)そのときに少々歩き回ったのがまずかったらしく、痛みが酷くなりましたと…。まあそれはいいんですよ、一応想定範囲ではございましたからね(--;)それにしても相変わらずの「家から仕事できますので!」攻撃…だから貴女には絶対的に経験が足りないから任せられないんだと以下省略。1ギャフン。

(2)2月から新しく入ってくる筈だった、ワタシ達より1レベル上のアナリスト兼マネージャーが来られなくなったこと。面接の時の話だと、どうやら離婚ほやほやで新しく違う州で一から人生やり直したい!というすがすがしい女性だったんですけれどもね。あ、ちなみにこちらでは仕事内容以外の個人的なこと、例えば年齢・婚歴・子供含めた家族環境について面接側から質問するのは違法になっておりますので、勿論その人本人が自ら提供してくれた情報だったわけなんですが。ところが、この方どうやら子供がいらっしゃるようで、アメリカでは大体子持ちで離婚するとよほどの事情がない限り(ドラッグ問題や幼児虐待など)共同親権になるのが普通です。映画なんかでも離婚家庭の子供達が週末ごとに互いの親の間を行ったりきたりとか、夏休みは元夫の家で丸々過ごすとか、そういうのを見た方もいらっしゃると思います。で、州によって法律が違うのですが、そのために子持ちで離婚して州外への引越しをしようとすると、もう片方の元配偶者から却下されることがあるわけです。つまり現在住んでいる州から子供を連れ出すことを禁止されるわけですね。その入ってくる筈だった女性は、子供を一緒に連れてくる予定だったのだそうですが、元夫の許可を得ることができなかったのだそうです。なのでせっかく決まった転職を放棄するハメになってしまったと…。可哀想な話ですが、泣きたいのはこちらです(ノ_;)その人が来たら任せる予定だった仕事が色々あったもので…。てなわけで2ギャフン。

(3)来月出産予定のオフィスメイトが、昨日検診に行ったら少しだけど子宮口が開きかけてると言われたそうです。予定日までまだ5週間もあるのに!「まだ名前も決めてないのに!」と大パニックの彼女。早く決めようよ…(--;)オフィスメイトは今回が第二子なんですが、第一子のときも2週間くらい予定日から早く生まれたので、今回も本当にいつ生まれるかって感じな…。まあまだギリギリになるまで働き続ける予定だそうですが、どうなることやら。オフィスメイトの仕事はそもそも(1)の新入りさんがバックアップする予定だったのですが、怪我のために新入りさんをトレーニングする機会が結局全く取れなかったため、今のままオフィスメイトが出産・産休に突入するとそのお仕事はワタクシが引き受けるというスンバラスィ結果になるのが目に見えております(--;)他にもアナリストはいるんだけども、今関わっているプロジェクトの形態に慣れてる人が他にいないので結局ワタクシが一番適役になってしまうのです。本来なら新入りさんの怪我が治って職場復帰してからオフィスメイトの産休まで引継ぎの時間が少しはある筈だったのですが…。3ギャフン☆まあみんな大体産休って2ヶ月くらいで復帰してくるのでそんなに酷いことにはならないですけれどもね。いやはやなんとも。

ボスからは「あまり頑張り過ぎないでね、別に〆切りに間に合わなくたってこの世の終わりってわけじゃないんだし」って言われたんですが、そういう言い方されると更にプレッシャ~なんですが…この世の終わりと比べられてもですねぇあのその。(--;)

フゥ明日も頑張ろう(--;)ギャフンギャフンギャフン☆
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.