FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
少しラクになってきました(^△^;)
ガツガツ頑張った甲斐あってそれぞれのプロジェクトが少し山場を越えてきて、僅かですが気持ち的にも余裕が出てまいりました…。しかしこんなこと言ってるときっとまた何か起きてガッツンと忙しくなったりしそうで怖いですのぅ(--;)

妄想の余裕がないときは形から入るのも大事かなと思って、今朝の出勤の車の中は地球のサントラかけてました。一番好きな曲は、なんといってもサントラ1の2曲目!パイロット版フィルムに使われてる音楽です(多分)アレ聴くと、あぁ本来の地球はこういう雰囲気なんだよなぁ…ってちょっと気が引き締まるんですよね~。じょみのイメージはワタシの中では割と固定してるからいいんだけど、ブル~様のイメージがどうにもこうにも曲がりがちなので、あの曲を聴くともう少しブル~様のイメージを考え直さなくては、といつも思うんです。優しいだけじゃなくて、ブル~様の背負ってきたものだとか、ミュウ全体の「種」としての切なさとかまあ上手く表現できないんですが色々と。そんだけ悲惨で孤高の人だからこそ幸せにしてあげなくちゃ!という気持ちが掻き立てられるわけですよね。ただ思うには思うんだけどなかなか実行が難しいのが現実ですが(--;)

で、今朝それを聞いてたら、鬼畜パラレルシン様の中のブル~様にもっと頑張って欲しいなあとか思ってですね。ホラなんか今のところシン様に一方的にコマされてばっかりでつまんないじゃないですか(ワタシだけか?)だからなんというかこう、シン様なんか想像もつかないような修羅場とか過去を背負ってきたソルジャーですよ~っていうのをもう少し強調したいな~って。あとね、長老達のこととかもね。TVアニメでもなんでも、長老ズってなんだかんだと頭が固くってやれそれは反対だのやれそれは無謀だからやめとけだの、やいのやいの文句言うばっかりの役回りって感じじゃないですか。多分ブル~様一人が若くて綺麗で、他の長老がなんだかんだ言ってみんな老けてる(!)のが余計にそういうイメージを植えつけてしまっているような気がするんですけれどもね。なんというか、長老にしかない凄みとかがもっとあってもいいのにな~とか思ったりするわけです。ガミガミ言うだけの長老じゃあね…。ブル~様を含めたミュウの長老達って凄惨な過去を経てきただけあって意外にシビア☆みたいな感じを見てみたいわけです。あ、別に長老ズを描きたいわけじゃないので会話の中での話になると思うのですが…。

それでそういうのを考えてたんですが、なんつうか地味な会話でしてね(--;)漫画にするにはちと盛り上がりに欠けるかも…でも最後にえちを放り込んでしまえばそれらしく(??)なるかもしれませぬな。せっかくパラレル鬼畜シン様なのですから、ただ優しくて一方的に流されるばっかじゃなくて多少ツンツンしたブル~様、緊張感のあるお二人になっていただきたいのですが。コマしたい!と思うような受けを演出するのも難しいもんでございます(--;)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.