FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
明日からお客様がしばらく滞在
高校生時代、交換留学生だったときに一年間ホームステイさせていただいたホストマザーが明日からしばらく(多分2週間くらい??)我家に滞在するんですよ。明日の午後到着の予定で、空港まで迎えに行くんですけどね。そんだもんで、ネットもそんなに頻繁には触れなくなるかもしれません。短時間でアップできるよう、少しですがコツコツ書き溜め・描き溜めはしているので、全く何の更新もないということはないですが、頻度は減ると思います~。

でもホント、今にして思うと、一年間のホームステイって物凄くその家庭に負担のかかることだったんだよなぁ…としみじみ…。自分が留学生のときは、なんというかそれが至極当然みたいな感じに考えていましたが、とんでもないですよね。今もし誰か知らない赤の他人を言葉も通じない他所の国から受け入れて居候させてって、無理!絶対無理!(-△-;)見られたくないアレやコレやとか、まあ文章のものならいいですが、漫画のものとか、描きたいアレとかコレとか、一年間も隠し通せねえべ…(--;)それ以前に家の中に常に他人がいる状態って本当大変ですよねえ。ホストを引き受ける家族って、本当に懐が広いなァ…。まあ今は営利目当てのホストファミリーも増えたそうなので一概には言えませんが。

ワタシがホームステイさせていただいていた先の御宅は、まああまり裕福とは言えない家庭でしたが物凄く家族の絆が強く、幼稚園と小学校の先生の共稼ぎ両親と、17歳のホストシスターと15歳のホストブラザーがいて、部屋はホストシスターと同室でした。両親が共稼ぎなので洗濯はホストシスター、料理はホストブラザー、皿洗いはワタシと家事を分担。暮らしは非常に慎ましく、シャワーの頻度も制限されていたし、当時から大食らいだったワタクシはホストブラザーといつも食べ物の奪い合いで醜い喧嘩を繰り広げておりました(--;)ホストシスターはまるで小鳥のように小食でしたのでのう…。フロリダだったのでディズニーワールドにも一度連れて行ってもらいましたが、そのときもみんなで手製のサンドイッチ持参でね。他の留学生はなんとなしに裕福で余裕のあるホストにお世話になっている人が多くて、ホストファミリーに旅行に連れて行ってもらったり、車の運転の練習をさせてもらったり、あちこち遊びに連れて行ってもらったりして青春真っ只中!みたいな感じでしたが、そんなこんなでワタクシの留学生時代は非常に地味~で足が地についた暮らしでございました。車がないとどこにも行けませんから行くところもなく、毎日学校から帰ってきたら昼寝して宿題して、みたいなね。そんでもって一年の最後にはホストファミリーがフロリダ脱出を決め、家を売りに出し、荷造り&引越しまで一緒に体験することができましてよ。そんで最後の一ヶ月はミシガンで過ごしたんですけどね…。今になってみると本当に色々と貴重な体験をさせてもらえたような気がします。なにしろ色々と身動きがとりづらかったもんで当時はとにかく一人になれるスペースがなかったのと、あまりにもノリが違いすぎるその家族と暮らすのが結構辛く、一年が終わるときは正直物凄く嬉しかったもんですが、結局その後も親しいお付き合いが続いておりまする。ま、お付き合いといってもホストシスターとホストブラザーとは殆ど付き合いがなくて、両親とのお付き合いなんですけどね。ホームステイ時代は、超極楽トンボのお父さんが一番苦手だったんですが、宿六と結婚して色々とヘンテコな人間に慣れた今ではお父さんが一番扱いやすいような気がする(笑)当時はまさか、ホームステイが終わってもお付き合いが続くとは全く思ってなかったもんですが(--;)(←超恩知らず)ご縁って不思議なもんですねえ~。

拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^^)
4月20日日本の山間部に~さん
ここらの電気フェンスは犬用なので、犬のほうにフェンスに近づくとピピっと警報が鳴り、近づきすぎると電気ショックを与える首輪とのセットになっている、犬を外に出さないようフェンスなので外からは幾らでも動物が入ってこれちゃいます(^^)これだと家の周りには一見何も囲いがないように見えるので、住宅地にピッタリというわけです(日本と違って家の周りに塀などがない地域なので)天気予報を見るからに、今週は雨はなさそうです(--;;;)

4月20日Mikiさま
少しでも楽しんでいただけて幸いです♪久々にオープニング画像を見て物凄く懐かしく思い出しました~(^。^;)内容はちぃとも覚えていないんですけれどもね。テーマソングが結構頭にこびりついてしまいますよね。クールビューティーはいいですよね!今はクールビューティーと熱い攻め(え)とのセットでダイスキですが(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.