FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
やっと学校始まった
やっと赤(仮名)さんの学校が始まりましたよ…長い冬休みでした…(ヨロリ)

義実家訪問で精も根も尽き果てた私、大晦日やらお正月らしきことは全く!いたしませんでした。まあアメリカは大晦日にニューイヤーズ・イブパーティーでカウントダウンにどんちゃん騒ぎ、元旦はパーティー疲れをゆっくり癒すってのが普通なので別に何も求められていないですし(ーー;)新婚の頃はお雑煮も作ったりしたんだけど、そもそも宿六は餅が好きでないので全く喜ばれず、それっきり何もしないことが多いです。子供がいない頃は結構ホームパーティーもしたけれど…。子供のいる家庭って学校が長期お休みになると旅行に行く家庭が多いので逆に休みの方が予定が合わないことのほうが多いんですよね。

てなわけで何もしませんでした!まる。子供の情操教育(つか要は日本文化教育)を考えたらもっと色々しなくちゃいけないとは思うんですけど…。ぶっちゃけ一人じゃ無理です(諦)そもそも元旦なんてツリーやらなんやら、家の中も外もまだクリスマス一色でしたからね(ーー)昨日やっと宿六がツリーやら外の電飾やらを片付けました。日本は大掃除してお正月を迎えますけど、こちらではクリスマスに山ほど普段はないもんを飾るからどうにもならないんですよね。代わりに暖かくなってから「スプリング・クリーニング」をするお宅が多いようです。日本みたいに念入りにはしませんけどね。そもそも家の掃除は自分ではやらずお掃除メイドサービスにお任せ、という家庭も多いので大掃除もなにも…という感じではありますけどね。

何もしなかったからケーキだけ焼きましたよ。
fc2blog_20190107235229368.jpgfc2blog_20190107235245b62.jpgfc2blog_20190107235259f08.jpgfc2blog_20190107235313738.jpg別にお正月全く関係ないけど!クリスマスですらないけど!でも単純にケーキが食べたくなったから作っただけというね…。だけど今回はまるでお店で買って来たかのように綺麗に焼けたので大満足!ただ自分で焼いたケーキってしっとりさが足りないんですよね。どうしてもなんとなくパサついてる。冷蔵庫で1日置いた後のケーキなんかだとしっとりするので、レシピが悪いというよりも自作ケーキってそんなもんなのかもしれないですが。

土曜日学校(仮名)の宿題だったので書き初めもしました。
硯は二つあるので、一緒に墨をするところからやるのですが、それをママ友達に言ったら驚かれてこちらが驚いた(ーー;)みんな墨汁使ったり、墨を使ってる人でもお母さんがすってあげたり、ってやってたみたいです。でも普段書道の機会なんかほとんどないわけだから、どうせやるなら墨をするところから…って思います。というか去年の書き初めを書いた時に「良い機会だから時々はお習字させてみよう」とか志だけは高かったんですが、まあね一切やらずに一年過ぎましたよね現実なんてそんなもん(ーー;)
fc2blog_20190107235516083.jpgfc2blog_20190107235535d82.jpg赤さんは今年は「大空」を書きました。もうね書き順もぐちゃぐちゃで書けただけで快挙って感じです。左利きだから手を持って指導するのも難しいし、まっすぐ横に一文字に線を引くんでも書きやすいのかどうしても右から左に書いてるんですよね。あまり制限かけすぎて日本語がいやになっちゃっても…と常に葛藤です。ついでに私も抱負ってことでいちみか習字(笑)ジョミブルでもいいんですがさすがに書道にカタカナは合わない…。

現地校はホリデー中は一切宿題が出ないんですが、土曜日学校(仮名)はわんさか宿題が出たのでヒイヒイ言いながら終わらせました。赤(仮名)さんは絶対一人で宿題しない・できないタイプなので苦労するのは私ばかりって感じです(ーー)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
トップ更新〜
こちらでもようやく年が明けました。というわけでおめでとうございます。そしてトップ更新〜久々の快挙ですよこれは!

ツイッターにも画像あげたんですけどびっくりするほど反応ゼロでびっくりした(笑)まあ今更か…。映画「エイリアン」の造形などで知られているH.R.Geiger的な雰囲気を狙ってみたのですが無残にも撃沈。どんな風に描いていいかよくわからなくてぐちゃぐちゃのマシンぽい何かになってしまいました。がまあこのぐちゃぐちゃ感が良い味を出しているやも…(ーー;;;)なんか無駄にSFぽくなってしまった、と思ったのですがそういえばよくよく考えてみたらテラはSFだった(笑)なのでこれは本来の正しい方向に近いといえるかもしれなくもなくもなくもないですよねそうですよね!イメージ的には機械の中に囚われた意識のみのブルー、そこに機械から生まれながらも自分の意思を持ち始めて個の存在を確立し始めた強靭な存在ジョミー、というイメージな感じです。もっとこうグロテスクにメカメカしくしたかったのですが、まあ現実が理想に届きませんで(ーー;)

そもそもは映画「プロメテウス」を見てあのエイリアンの船やら洞窟やらを背景にジョミブルを描きたい!と思って下書きだけして気に食わなくて消しちゃったやつがあったんですよね。アレにまたいつか再挑戦したいです。

私のサイト用に契約しているサーバーは、もともとはジオシティでそれがヤフーになってそれがその後二回くらい別の会社に売り飛ばされて、最近またヤフーに買い戻されたらしいんですけど(ーー;;;)最近サイトのメンテ用のサーバ?サイト?なんといったら良いのかわからないのですが、とにかくログインしてサイトを弄れるところ(もっとマシな説明はないのか)がすんごい一気に新しくなって、何もかもが前と全然違ってファイルマネージャにたどり着くのも一苦労なんですよね(ーー;)つかブクマし直せばいいだけの話なんで今やっとブクマ直しました。

それでオンラインエディタシステム自体がまたちょっと微妙に変わったらしくて、以前なら普通に開けてちょちょっと新しいファイルを足してセーブして問題なかったのが、今回トップを直したらいきなり文字化けして(ーー;)何度もやり直してうまくいかなかったのでググってみたらフォントを「Unicode」に設定すると良いらしいのですが(Shift_JISに設定してあった)それが結構簡単にいかず、何度も試行錯誤を繰り返した挙句、サーバ上のファイルを開けると既に文字化けしているので、それをブラウザのText Encodingで日本語を選択して文字化けを直し、その上でファイルのフォントをUnicodeに設定してセーブすることでどうやら難を切り抜けました(ーー;;)そんでもともとのファイルがすごく古いんですよね。昔のソフトで作ったファイルに新しいリンクを足し足し足しって感じで作っているので、おそらく今となっては必要のないコードが一杯入ってるんですよ。で、そういうコードを自分で認識できる分だけ消してみました。その方がファイル自体も見やすくなって良いのですが、そんなに時間ないから全部直して回っているわけにもいかないし(ーー;;)GWとか松本零士サイトの方まで直している余裕はとてもなし。まあそちらの方はどっちもメインは英語で作っているので文字化けの心配だけはなさそうですが…。今なら全部もっとシンプルに組み直せるし、できるならやったほうが良いとは思うんですがねえ…。ただテーブル関係は組み方がわからないのでやるとなるとちゃんと調べないとです。でもこの時代個人サイトなんて死に絶えたも同然だし、となるとそこまで必死になって直す必要ある?とも思えるし、実際そこまで割いている時間はなし。今サイトっていったらみんな何で作ってるんでしょうね?やっぱりWordPressとか?仕事ではプロジェクトのレポートにWordPressを使ってるんですけど、あれでたとえばページを半分に分割するとかいったらどんな黒魔術を使わなきゃならないのかと思うとやっぱり二の足踏んじゃいますね。見た目を全く気にしないのであれば別にテーブルなんか使わなくてもいいし、それならWordPressでも問題なく作れそうではありますが…。

そもそもメインのページがフレーム仕様なのも、PCから閲覧するのには便利ですが今日日PCでネットサーフする人のほうが少数派って気もします。のでフレームも邪魔なだけかな…という気がしてきました。というかそうなんじゃないかなって数年前から薄々気づいてはいたんですが(笑)私は仕事柄昼も夜も傍にパソがあって当たり前っていう生活なのですが、考えてみたら世の中パソコンなんて持ってない人の方が多いですよねきっと。最近はスマホやタブレットで十分って人も増えているだろうし。とりあえずサイトマップからどうやらデッドリンク化しているオークションサイトのバナーを削除してみたら、やっぱりそのまんま文字化け(ーー;)文字化け直しついでに邪魔なコードを削ったら行間が空きすぎて、これはもうちょっと腰を落ち着けて直さないといけないようなので明日にでもしようかと思います。具体的にいうとラップトップじゃやりにくいからデスクトップの大きなモニタでやろうという話(笑)もっと言うと仕事の合間にやっちまおうという話(笑笑)一旦興が乗れば次々直そうかなっていう気になるかもしれないし…。自分のためのサイトだから、最終的には自分がやりやすければ万事OK!ではあるんですけどね。ファイルのフォルダ振り分けも実は長いこと「これは使いにくい」と自分でも思ってはいるんですけど…。テラも刀剣もほんの寄り道のつもりだったからウイングのフォルダにメインページが放り込んであるのですが、ウイングと縁遠くなって早10年、フォルダ自体も整理し直したい(ーー;)

とにかくトップ更新しただけでも今年の滑り出しは良い感じです。最近2、3ヶ月ほとんどお絵描きできなかったこともチャラって感じの上機嫌さ〜〜〜〜



今年もよろしくお願いいたします m(__)m
まだ明けてないですが
まだこちらは年が明けておりませんが、とりあえず明けましておめでとうございます。

これ義家族訪問の前にコツコツ描いてたんですがほったらかしのまま出かけることに…。子供のいるクリスマスシーズンって本当にてんやわんやって感じです。




そして行ってまいりました義親戚(義両親はすでに亡くなっているので義実家ではない)。今回は義姉1の家にお泊まりです。
fc2blog_201901010359119d4.jpgfc2blog_20190101035929f49.jpgfc2blog_20190101035958c40.jpgfc2blog_20190101040016ab4.jpg義姉1一家は自営で家具のお店をやっていたのですが、不況の煽りを食らって何十年もやってきたビジネスをとうとう畳むことに。超・豪邸も売り払ってもっと田舎の小さな家を買って移り住んだのですが、「こんなあばら家」とブツブツ言ってるけど素敵な家ですよ!(ーー;;)二階には寝室三つ、バスルーム二つ、ボーナルルームに書斎スペース、一階にはトイレ、ランドリールーム、キッチン、ダイニング、リビングルーム。そして普通に暮らせるように改装された地下室。地下といっても外に出るドアもあり窓もあり、トイレにセカンドダイニング、セカンドリビング、ミニバーつき。そして広い庭には小屋つきのプール。

これのどこがあばら家なんだYO!!!

と思わず暴動を起こしたくなるのですが、まあ以前住んでた超・豪邸に比べたら確かに都落ちって感じなのかもしれませんねえ…。夫婦二人暮らしだから十分以上のスペースですが、近くに住んでる息子夫婦の4人の子供達をしょっちゅう面倒見ているのでまだまだ広さが足りないって感じなんですかね。義姉婿はすでに65歳を越えていて老人用医療保険が受けられるのですが義姉1はまだ60歳なので保険のためだけに新しく仕事を見つけて働いているのですが、来る前に聞いていた話ではすっかり落ちぶれてみたいなイメージだったのですが、どっこい我が家よりよっぽど裕福そうな感じです(ーー;;)私は今回レンタカーを借りたんですが、帰る日にちょっとだけ雪が降って、「キーのリモンコンでエンジン起動できるからほっといても雪が溶けるでしょ」なんていうんだけど、私が借りた車はそんなブルジョア機能なんぞ当然ついていないのでそう言及しましたところなんと信じてくれなかったというね!アンタ世の中の車が全てそんな金持ちオプションがついてると思っているのですか(ーー;;)信じてくれないから車のキーを実際に見せてあげてやっと信じてもらえたという…。

なんなんだ結局金持ちなんじゃん(ーー;)掃除もナチュラルにお掃除メイドサービス使ってるみたいだし。心配して損した(ーー)私達の滞在中アトランタに住む娘夫婦も遊びに来ていたのですが、義姉夫&娘夫婦からのクリスマスプレゼントとして義姉1の誕生日祝いにアイスランドまでオーロラを見に行くんだって。私の心配を返せ(要求)

fc2blog_20190101040034280.jpg甥と姪夫婦が赤(仮名)さんと甥んとこの子供達を映画に連れて行ってくれたので少しのんびりする時間が取れました。近所にハイキングコースがあったので歩いてみたらどこまでもどこまでもどこまでも続いていてしかも地図に載っていない(ーー;)ため、適当なところで引き返してまいりました。それでも5〜6キロは歩いたよ!

fc2blog_20190101040203f2f.jpgメインの目的であった義姉2夫婦訪問もささっと済ませたし、見かけによらず意外にも赤(仮名)をものすごく可愛がってくれる甥っ子の職場もちょっと訪問してきました。ターゲットというマルチスーパー的なお店の警備の仕事をしてるのですが、カメラの画面を見せてくれたりして赤(仮名)さんも大喜び。後ろの壁には手錠がぶら下がってます(ーー;)12月だけで8人も泥棒捕まえたんだって。勿論捕まえられずに逃げられた泥棒もそれなりにいるみたいです。一覧を見ると半分は黒人男性、残りの半分は白人女性でした。詳細のメモを見ると、男性はなんというか本当に金目当てって感じの犯行なのですが(他所からの盗品らしきものを返品と称して持ってきたりとか)、女性は「これが欲しくて盗みました」って感じの犯行が多かったです。

滞在中ちょっと色々と思うところができた出来事があったんですが(ーー;)それは後日にしてとりあえず本日はここまでにしておきます。



時代はとうの昔に個人サイトから遠く離れたところに移動してしまった感がありますが、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
宮崎監督のドキュメンタリー「終わらない人」観てきました
fc2blog_20181220022036974.jpg全く興味がないのに宿六の謎な大プッシュによりしぶしぶ観に行きましたよ宮崎監督のドキュメンタリー映画(ーー;;)例によってほぼアメリカ人の大人ばっかりだったんですが、土曜日学校(仮)の先生らしき人を発見!クラスは違うけど一応同じ学年の先生なので見つからないようにコソコソと入場しました(ーー;;;)向こうは彼氏?友人?らしき男性と一緒だったけど私ったら母親だってのに一人で来ててなんかちょっと変だもんね(笑)

そして結論からいうと


酔った(ーー;;)


映画といっても明らかにハリウッドドキュメンタリーみたいな整った感じじゃなくて、カメラの人がフラフラフラフラ揺れながらあっちいったりこっちいったりしてるもんで、思い切り酔って気持ち悪くなりましたオエ〜〜〜(ーー;;;)最後のほうは画面を観てるのも辛くて頭も痛くなってきてね(ーー;)

それにしても酔うような映画を観たのは久しぶり。前回はブレアウィッチプロジェクトだっただろうか(ーー;;;)超大昔!

長さとしては一時間強くらいで、内容はほぼ「毛虫のボロ」制作過程でした。毛虫のボロ…。夏に日本に行った時に必死な思いをしてやっとジブリ美術館の4時のチケットを取ったら赤(仮名)さんはほぼ猫バスで遊び通しで最後の15分ほどで慌てて毛虫のボロを観に引きずって連れていった思い出が(ーー)あの時観といてよかった〜〜〜〜(ーー;;)

内容はつまり引退したはずの監督が、やっぱり何もせずにはいられなくて毛虫のボロを作ろうと思い立つんだけど、毛虫の動きを全て手描きってのは年齢的にも(体力消耗しすぎる)不可能だろうということで、今まで避けに避け続けて来たCGならばできるのではないかと若いCG制作チームと試行錯誤していくっていう感じです。面白かったのが、ボロが歩く時はこういう風にして欲しいといろんな動きを注文してもCGチームの方の方に全く意思が伝わらないために結局普通のアニメ制作と一緒のパラパラ漫画的なものを一杯描いて「このような動きにしてほしい」と伝えていたところ。

それでさ、正直もっと疑問に思ったのが、いくらなんでも監督レベルの人だったら、見つけて来たCGチームだって日本でも有数のトップクラスの人達だろうと思うんだけど、本当にそこまでしないと全く監督のやりたい動きが伝わらないところ(ーー;;)見ていてこちらがもどかしい!本当に日本の製作陣は今こんな感じの人達ばっかりなんでしょうか…。だってさ、例えばピクサーだってアニメいっぱいやってるけど、まあ内容は全く好みじゃないけどさ、いろんな動きはこりゃすごい!っていう発想や動きを一杯してるでしょ。だから日本で人材がいないってちょっと想像つかないんだけど、日本の場合の問題っていうのは才能や技術じゃなくて「人生経験が足りない」ってことなのかなあってしみじみ思いました。パソコンの前でCG作ってるような人達が子供の頃に野は山を駆け回り虫を捕まえて遊んでましたって、まあないもんね(ーー;;;)頭が良くて才能があればあるほど机の前に座り通しでガリガリ勉強して良い学校に受かって…という選択肢しかなさそうです本当に。会社勤めならそれも良いかもしれないけど、モノづくりに携わるとなると全身の五感を使って得た経験値が少なすぎますよね。あのチームにいた若い人達は例えば尺取り虫とかミミズとか本当に今まで一度も見たことがないのかもしれませんね…。

それでもっとびっくりしたのがさ、これが一番印象に残った部分なんだけれども、ボロの制作とは全く関係ないあるCG制作グループがAIで作ったCGアニメのサンプルを是非見て欲しいと持ち込んで来たところ。向こうは天下の宮崎監督に会えるっていうんでメンバーを大勢引き連れて来たんだけれども。そのサンプルっていうのが、気持ち悪い人型のクリーチャーが、足で立って歩行せずに頭を足代わりにしてくねくねと気持ち悪く移動するっていうもの。どうやらゾンビゲームなどに活用する予定とのことで、チームリーダーがものすごい自信満々でどうですか!ってドヤ顔で説明するんだけども、監督の顔はものすごく険しくてね。宮崎監督には体に障害を持った知り合いだか友人だかがいて、その友人は片足が使えないから歩くのも体を引きずってくるような感じでやってくる。お互いにポン、と手を合わせるのにもものすごく苦労する。このCGを作った人は、そういった人の痛みなどを全く考えたことがない、他人の心の中を想像もできないような人がこんなものを作っている。僕はこれを「面白い」と思って見ることが出来ない。これは生命に対する侮辱です。非常に不愉快です。と厳しい顔ではっきり言い切ったんですよね。相手のチームリーダーはまさかそんな反応が返ってくるとは夢にも想像していなかったようで、ただ絶句。超気まずい空気で部屋がシーンと静まり返る中、鳩が豆鉄砲を食らったような、その上なんか泣きべそかきそうな顔をしたリーダーの人が「こ、これはまだ試作品でして…」となんとか取り繕おうとするんだけど、監督の言いたいのは多分そういうことじゃないんですよね。物を作っているのに作る人間にあまりにも想像力がない。そういう人間がものを作ってはダメだ。という話なんだと思います。

他のシーンでも監督が過去のスタッフのアニメーターさんにダメ押ししてる場面がちょこちょこ出てくるんですけど、どの動きにも理由がなくてはいけないというのが監督の信条でね。例えば子供が転ぶシーンでも、ここで普通の子供ならとっさに体を支えるために手が出てなくてはいけない、だからこういう転び方じゃダメだとか、風呂敷の持ち方一つにしても、風呂敷包みというのは全体をもっと体にくっつけて抱くように持たなくてはいけない、結び目だけ持ってぶら下げるなんてことは絶対にしない、というような、なぜこのような動きにならなくてはならないのか、その理由付けが常になくてはならないってことなんですよね。そういうことを考えようともせずにただ絵だけ描いてるようなやつはやめちまえって感じなわけです。

で、監督はそのチームリーダーさんに問いかけるんですよ「君達は一体どこを目指しているんですか。こういうもの(クリーチャー動画)を作って一体何をやろうとしているんですか」するとチームリーダーさんは「人間の代わりにアニメを作ってくれる機械を作ろうとしています」

…(ーー;;;;)本当に想像力のカケラもないんだなこの人達(ーー;;;;)宮崎監督が「世も末だね」って言ってたけれども私もそう思う(笑)手描きを信条とする監督に「機械が代わりに」ってさあ。監督みたいな人が喜ぶと思っていたのかな。他の人に見せるならともかく、監督に見せるべきものではなかったですよね。映画の中で散々発信されてきた監督のメッセージ、気づいてなかったのかな?見せるなら息子の方じゃないですかね(笑)

このドキュメンタリーを制作したのはNHKなんですけど、これってわざとかな?わざと?この制作グループを潰したくてわざわざ?って疑惑を抱いてしまいますね(笑)このグループだって、監督がついにCGに手を出した!っていうことで喜び勇んでやってきたんでしょうけど、まさか日本全国、いや世界中に自分達のアホ面をこんな形で公表されるなんて思ってもいなかったと思うんですけど…。私だったら金払ってでもいいからそのシーンは削除してください!ってなりますけどねえ…。アレを見てこの制作グループに出資しようって人はいないんじゃないかな…。会社(?)としては面目丸潰れだと思うんですけどよく放送許してくれましたよねえ…。もともとそういう契約でミーティングに来てたのかな?

…と思ったらあの叱られてた会長(?)さんのコメントを見つけました。最初は断ったって、そりゃそうだよね(ーー;)あと実際にはあれ以外にもいろんな技術を紹介していたらしく、例のシーンはその一部を切り取ったものだということ。でもこのコメントを見るとなかなかこの人もえらいなと思います。

結局毛虫のボロが完成してバンザーイ、というところまではやってくれなくて、CGの制作チームに関しては思うように注文つけられなくてイライラ…というところがメインで終わってしまったのでちょっと残念な気もします。満足できない出来の作品を世に出してもしょうがない、と言い切っていたわけだから、毛虫のボロがジブリ美術館で放映されてるってことはそれなりに満足したから封切りを決定したんだろうし、監督の注文についていこうと頑張った若いプログラマ達が報われる場面があったらもっと良かったのにな〜と思ったのですが…。でもまあおそらくそれをやっちゃうと大団円で終わってしまうからあえて入れなかったのかもしれませんね。メインのテーマはいつまでも前へ前へと進み続けようとする監督、作らずにはいられないその生き様、ということだったと思うので。なんかね世の中には息をするようにものをつくっていないと死んじゃうような人種ってのがいて、宿六もその一人なんだけど、明らかに人種が違うなってしみじみしますね。技術だけ磨いても何も心の中から湧き出てこない人の方が世の中多いですもんね…私なんか技術すらないもんね(ーー;)


まあそういうわけでオエオエ酔いながらもまあまあ観て良かったなと思える内容ではありました。別にDVDとかで自宅で観てもよかったけど(笑)あとタバコとコーヒーばっかの上にラーメンばっかり食ってたらますます体に悪いよって結構強く思いました!つか初めて見ましたよ、玉ねぎ入りラーメン。どんな味なのか想像もつかない…。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
今年最後の弁当
fc2blog_201812151122340fe.jpg今年最後の弁当ですぞ!サンタさん弁当を作るのは今年で3回目なんですが、今回が一番綺麗に出来なかったような気がします(ーー;;)サンタさんのヒゲがね〜うまくいかなくて…。



fc2blog_20181218042149adf.jpg今年もご近所で「Luminary」というイベントがありました。各家庭に白い紙袋とろうそくのセットが配られて、決められた日&時間に一斉に家の前に等間隔で並べて火をつけましょうというイベントです。よく教会の祭壇にろうそく並べて火をつけている光景が(映画などで)見られると思うのですが、コンセプト的にはああいう感じですね。ご近所中一斉にやるので、その晩は綺麗な景色を楽しみながら家族で散歩したりします。家の前にスタンド出して飲み物を振る舞うご家庭も。去年も似たような写真撮ったのですが、今年はIphone8だからか綺麗に撮れました。カメラの進歩って暗いところの写真を撮ると違いが良くわかるような気がします…。

今夜はなぜか(!)一人で映画を観に行かねばならないことになりまして(ーー;)なんの映画かっていうと宮崎駿のドキュメンタリー映画(ーー)別に興味ないんだけど…。ほんっっとに興味ないんだけど…。宿六が赤(仮名)さんを日曜日映画に連れて行ったんですが、その時に宣伝してたらしくて、そんなマイナー映画だから当然限定上映で。確か今夜が最終日なのかな?正直まっっっっっっっったく興味ないんですがなぜか宿六が「MIYAZAKIのドキュメンタリーだって!!勿論観に行くでしょ?チケットとっといてあげるよ!遠慮しないでいいからさ!赤(仮名)は僕チンに任せていっといでよ!!!(・▽・)ノ☆」と瞳をキラキラさせながら頼んでもいないのに張り切ってチケット取ってくれたんで行かないわけにいかなくなってしまいました(ーー)「えっいいよ別に興味ないし(ーー;)」って何度も断ったのにいつものごとく人の話なんか聞いちゃいねえ!!始まるのが夜の7時半ですってさ!終わって帰宅する頃にはお年寄りにはもうおねむのお時間ですよ老体にはキツイ。

まあこれもご縁ってやつかな…(違うだろ)

まあ観に行けばなんかいいこともあるかもしれないから行ってきますけど…。新作映画の予告とか観られるならまだしも、この手の映画って大体予告がないので面白味も半減なんですよね。どうせ行くなら「Mortal Engine」を観に行きたいんだけど仕方ない(ーー;)代わりに宿六が今日は赤(仮名)さんを空手の習い事に連れて行ってくれるっていうからまあチャラにしてやるさ。本当は赤(仮名)さんを空手に連れて行って帰ってきてから映画に行っても十分以上間に合うんですけど気づかないフリをする!少し早めに出てもいいかな…。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
もういっしゅうかんすぎてた
ネットで雪の結晶の作り方を見つけたので試してみたのですが、雪の結晶どころか出来損ないのネジみたいになってしまってちと残念(ーー;;)ていうかこの弁当を作ってからもう一週間たってしまったので今日また明日用の弁当を作るわけなんですが。えっこの一週間どこに飛んで行ったのかしら(ーー;;)

ホリデーシーズンも真っ盛りだというのに仕事がやたらめったら忙しくてもうね(@@;;)クリスマスまでに提出!みたいなプロジェクトがあるんだけど、ここはアメリカだよ?ぶっちゃけクリスマスシーズンに働いてるやつなんていないと思うんですよ!誰も働いてない時期に間に合わせる必要が一体どこにあるんだべ??と思いつつ言われりゃやらざるを得ませんので(ーー;;)でもこりゃ終わらない…絶対終わらない…データがでかすぎて絶対無理…。

少なくとも土曜日学校(仮)は今週が終われば二週間は冬休み…。でもって本来は宿六が義実家側の親戚に赤(仮名)連れて訪問する予定、と一応私の中ではそういう話だったのですが、どうも思ったより宿六がこじらせまくっていて宿六の義実家親戚訪問は断念せざるを得ず(ーー;;)義家族はみなさん普通というかぶっちゃけまともだし、行けば大歓迎してくれるし、宿六の言い分を聞いてみたところで明らかに悪いのは宿六120%。しかし説得したって聞きゃしないし徒労に終わるのは目に見えているし、まあとにかくそうなると私一人で連れていかないといけないんだけどさあ…。

私はこのクリスマスシーズンの「ひとりでおうちでおるすばん」をそれはそれはそれはそれはそれはそれは楽しみにしていたわけでございますよ!!!!子供が生まれてからっつーもの、一人でおうちで朝も夜も家族の世話を気にせずに過ごせたことなんて一度もありゃしないわけですよ。私一人で子連れでアトランタ(姪っ子の結婚式)、ハワイ出張、義実家訪問、日本訪問、ホストファミリー訪問といっぱい偉業を成しとけたこの一年、やっとのことで「私のお留守番」の順番が巡って来たかと思いきやこの体たらく(ー、ー)

もうお絵描き二ヶ月もしてないんですぜ…今週末くらいはどうにかしたいんだけど、最近唯一の赤(仮名)さんが出かけてくれる日のはずの日曜日に毎回「おうちでテレビ見た〜い(・。・)」などと抜かすようになってもう私の人生おしまいだす。こんなことならもっと違う間取りの家を買えば良かった、ともう100万回くらい頭をよぎったよね。この家に決めた時は赤(仮名)さんまだ小さかったからなあ…。オフィスがもっと暖かければ夜こちらにこもってもいいんじゃない?とホットカーペットを買ってみたんだけど、そもそもホットカーペットって床に直に座る人用に作られている感じだから椅子に座っているとあんまり効果を感じません(ーー;)暖かく感じるのは床に接する足のみ、でも私普段家の中でサンダル履いてるのでした。何の意味もない!しかもこれ、コロコロつきの椅子を乗せないでくださいって書いてあるんだけど、乗せないと敷けないし、1シーズンで壊れちゃうような気がして来ました(ーー;)レビューも耐久性について疑問を呈しているものが多かったんですよね…。

いろんなことをどうにかしたいとじたばたしているのですが、どれもこれも空振りですよ!(><)ヒィ〜!


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
未来のミライを観に行きました
未来のミライ、観に行って来ました〜〜〜〜(^^)

辛かった…(爆)(ーー;;;)

そもそもこの映画、「下に赤ちゃんが生まれて赤ちゃん返りした五歳の男の子」が主役なので私が観て面白いわけがなかった!(笑)面白くないわけはでないんだけど、共働きで赤ちゃん返りしたわがまま坊やと乳児を抱えて髪の毛振り乱して育児してる両親とか見ててほんとに身につまされるっつーか、なんで私はわざわざお金を出してこんな苦労話を見なきゃけないのかっつーか、苦行でしかなかった点。

こういうのを観ると我が家の赤(仮名)さんはほんと〜〜〜〜〜に育てやすかったんだなあとしみじみ…。まあ一人っ子だしね。それに赤ちゃん可愛い可愛いって喜ぶタイプだから下に子供がいたとしても喜んでお世話してくれそうではあるけれども…。ウチはむしろ物心つくまでが楽だったな〜〜〜〜と思わざるを得ません(ーー)まあ今だって育てにくい子ってわけじゃないけども。

まあそんなわけで子供別に好きじゃない私としては主役の男の子をぶん殴りてえ〜〜〜と普通に思ったし(親にお尻ペンペンされてないのが不思議すぎる)疲れ果てました(ーー)

それよりもなによりもこの映画いくら子供が主役だからって、「好きくない」を連発してて正しい話し方が結局出てこなかったのでやめて〜〜〜〜〜(><;;)って焦りましたよ唐突な大迷惑!!!帰りの車の中でどうしてくんちゃんは未来ちゃんをいじめてばっかりいたのか、と赤(仮名)さんに聞かれて「それはね、くんちゃんは未来ちゃんを好きじゃなかったからなのね」といちいち強調して説明いたしましたよ。5歳くらいだったら正しい使い方ができてもおかしくないし、何しろ未来の未来ちゃんが高校生?なのに一緒になって「好きくない!」を連発するのでなんとも悪いお手本(ーー)

この映画って最初から最後までストーリーがあるようなないような、なんですよね。大人目線で考えたら「くんちゃんの妹の未来ちゃんは時間軸を自由に行き来できるタイムトラベラーなのです」っていうほうが重要でそこからストーリーが出来そうなもんなんだけど、この映画はそういう理由付けとか全くないんですよね。未来ちゃんが「何故か」過去に行ったり未来に行ったり自由自在にやってるのを誰も疑問に思わないしその理由は全く解明されないし。そもそも一番最初に未来ちゃんが現れた理由ってのがお雛を早く片付けさせるため、ってえっなにそれよくわかんないけどそうやって毎年毎年過去にタイムスリップしてるわけなの、未来ちゃんは将来行き遅れになってたわけなの、過去を変えられるならもっと他にやるべきことがあるんでないの、とかイマイチ状況が把握出来ないんですけど!(ーー;)くんちゃん一族には時間移動の特殊能力があり…とかいう話でもないし。家族がテーマってのはわかったけど、色々と納得いくようないかないような(ーー;)犬に変身したところも全く意味なかったし。あれがくんちゃんだけが主役なら幼児の空想のファンタジーワールドってことでそれでも許せるんだけど、高校生をぶっこんでおいて「犬にも変身出来たけど別に特に意味ないし」ってちょっとないんじゃないのって(ーー;)考えるな、感じろ!ていうタイプの映画なことだけは理解いたしました。

赤(仮名)さんはたいそう気に入ったみたいですけどね!!!

唯一私が良かったと思ったのは最後の方の未来の東京駅(?)のシーン。あそこだけ無意味にSF&ホラーしてて良かったです。あの電車も銀河鉄道999の幽霊列車を思い出しました。あの列車の中に入ったらこんな感じだったかもねっていう。というかこのシーン見ると999ももっといい感じに今ならリメイクできそうですよね。ただうんとお金かけないとちゃっちくなるだけって感じもしますが。

映画の後に10分くらい監督のインタビューがあったんですよ(超意外)それを見ると監督は手描きで背景を描けるアニメーターがどんどん減っていること、手描きの背景を使ってるスタジオ(宮崎駿のスタジオ含め)が現在二つしかないこと、にとても危惧を抱いている模様です。今ならCGでなんでもできるんでね?って素人な私は思うのですが、CGはどうしてもツールに依存してしまうし誰が描いても似通ってしまって一緒になってしまう。それに対して人が手で描いたものにはその人なりの味が出る、みたいな事を言っていて、なるほど「絵になっている」だけでは足りないものがアートなんだなって思いました。要は絵が動く、以上のものを目指しているアニメがほとんどなくなってしまったという話、だと思います。なるほどねえ〜〜〜〜。今の若い子は始めからCGで描き始める子ばかりだけど、確かにスマホで何を見せてもらってもへ〜〜〜〜という感想しか持てないんですよね(^^:)同じような絵が紙に手描きで描いてあったらほう、頑張ってるね!ってもっと応援する気になるんだけど…。


次は〜〜〜〜一人で有給とって〜〜〜〜X-menを観に行くぞぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜(ー3ー)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
時間が飛ぶように過ぎていく件(ーー;)
忙しくて色々考えている暇がなかったのでシンプルなクマ弁当。しかしこれが結構評判がよかったのが解せない。非常に解せない(ーー;;)


プレイデートも楽しく終わったかと思えば、宿六が風邪引きましてね。宿六は風邪をひきやすい上に、一旦引くと長引くんですよね。毎回ね(ーー)で、今回もただの風邪が治るのに5日かかったというね。その間勿論家事やら子供のあれやこれやは全て私が一手に引き受けるしかないわけでね(ーー)

気がついたら一週間経ってましたよねえ…(ーー;;;;)その上仕事も忙しくなってねえ…おかしいなホリデーシーズンの筈なのに(ーー;;;)

「未来のミライ」っつ〜日本のアニメ映画が限定上映されるらしくて早速赤(仮名)さんを連れて観に行こうと思ったのですが、字幕版は平日の夜のみでね(ーー;)吹き替え版は週末上映なのに…。しかし日本語の映画を映画館で観るという経験が大切なわけで、無理して行ってくる予定です。明日の夜(ーー;;)頑張って宿題終わらせて行かないと(ーー;)ママ友たちにも声かけてみたのですが、まあ平日は学校があるし行かないよね(^^;)てなわけで以前のご近所で親しくしていたMちゃん(アメリカ人)ママに声かけてみたらMちゃんすごく乗り気だったのでついでに連れていくことにしました。Mちゃん結構日本に関するものに興味津々らしくて。もっと家が近ければね〜〜でも引っ越した今Mちゃんの家まで車で一時間かかるんで事実上の断絶です。映画館はちょうどお互いの家の真ん中くらいにあるので良い機会でした。Mちゃんだけ送ってきてお母さんは映画の間クリスマスショッピングを済ませられるってことでWin-Win!そういえば映画字幕版だけどMちゃん大丈夫かな。アメリカ人は字幕を読むのに慣れてないので嫌がるんですよね。でもまあ子供向け映画のはずだから絵柄だけ追ってても楽しい…筈。たぶん。


お絵かきなんにもできてません!何の成果も以下省略(ーー;;;)

うおっもう赤(仮名)さんの帰ってくる時間!今日は宿六がいないので今日も私が赤(仮名)さんを習い事に連れて行かないといけないし(ーー;)夕ご飯何にしよう、簡単にうどんにしようかな。

拍手パチパチありがとうございます♪
感謝祭
感謝祭なので簡易バージョンサンクスギビングディナーを製作。
ローストチキンとマッシュポテト、トマト&アスパラ&セロリのポタージュ、各種温野菜、パンプキンパイ。これをツイッターに上げたらなんらかのモーメントとやらにまとめられてしまったらしく、普段絶対来ないような量(といってもそれほど大量ではないですが)のリツイートといいねがついて「ネットってこわい…」て真顔になりましたよね(ーー;;)フォロワーさんも少し増えたんですが、普段はいちみかの落書きとかアップしてるわけだから普通の人にフォローされても正直困っちゃう(ーー;)まあ興味のない方は遅かれ早かれまたフォロー外されると思いますけどね。アップしてから24時間経過するんですけど、いまだに時々通知音が(ーー;)もういいねもリツイートもいらんです〜〜〜なぜなんだぜどうせならイラストとか漫画に同志からの反応が欲しいですよ(苦笑)


そして今日も今日とて駐在さんご家族をお招きして子供達同士を遊ばせる、プレイデートをいたしました。この間お呼びしたご家族は国際結婚の家族で子供達同士もどうしても英語で喋ってたんですけど(ーー;)今回のご家族は日本人家族だったので日本語の割合のほうが多くて少しほっとしました。そのために焼いたマルゲリータピザと抹茶黒胡麻バナナブレッド。バナナブレッドってアメリカの定番なんですけど、さすがアメリカでよく作られてるだけあってものすごく簡単に作れるのでこれからは我が家の定番にもなりそうです。バナナと溶かしバター、卵、小麦粉、砂糖、ベーキングソーダを混ぜるだけ!泡立てたりとかなんの必要もないので次々材料を入れては混ぜて型に入れて焼くだけというお手軽さ。せっかくなので小麦粉の三分の一くらいをアーモンドプードルにし、抹茶と黒胡麻を入れたところ思ったよりも美味しくできました(^^)


そんでアテクシ一体いつお絵描きできるんだべ(トオイメ)学校がおやすみなのを良いことに、1週間連続毎晩赤(仮名)さんと一緒にオネンネさせられてます(ーー)自由が恋しい…(;_;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
無事に帰宅はしたけれど
先週も再度フィラデルフィアに出張に出かけ、帰宅し、土曜日学校(仮名)のイベントに朝から晩まで行事委員として走り回り、そして今週1週間学校が休みの赤(仮名)が「ママと一緒に寝る〜」ときやがったもんでもはや二十四時間監視の目に晒されている状態です(ーー)お絵描き…前回したのは一ヶ月半くらい前でしたかねえ…(トオイメ)

明日と金曜日はプレイデートの予定だし、その他の日だって宿六がどんだけ役に立ってくれるのか甚だ疑問だし、なんかもう全く息がつけません。実は先週の出張はお絵描きできるかなと思って道具を持参したのですが、スケジュール的にちょっとそれどころじゃなかったのでした(ーー;)ああ〜〜〜〜〜。

明日のプレイデートに備えて家の中を片付けています…お休みなさい(;_;)

Designed by aykm.